2010年04月17日

2010年のお花見フォト

この春は本当に
暖かくなったり寒くなったりを
繰り返している感じですね。

今年は、桜が咲いてから散りゆくまでの
期間が長かったように思います。

皆様、ゆっくりお花見を楽しまれましたでしょうか。


今年も又、ユニティの3人で
満開の甘橿の丘の桜を見に行ってまいりました。
100403_1510~0001.jpg

100403_1508~0001.jpg

100403_1509~0001.jpg

100403_1510~0002.jpg

100403_1543~0001.jpg

100403_1544~0001.jpg

前夜、Chikoさんからメールで
「今年も、お花見弁当作っていきますので♪」
とのことで、感謝感激していました(*^_^*)

手作りの心温まるお花見お弁当は
今年は、昨年よりもさらに一層充実した内容で
Chikoさん十八番の具沢山の美味しい散らし寿司と
玄米と小豆のプチおにぎり、お母様が掘られた筍と野菜の煮物、
ウズラ卵入りの肉じゃが、スナップえんどうやウインナー、
マカロニサラダ、金柑とリンゴの甘煮・・・などなど☆
100403_1512~0001.jpg

Chikoさんのお料理は、どれもこれもとっても
ふんわりほんわかとした春のような美味しさ
(お料理って、ホント性格が出ますね)で
しばし、一心にお花見弁当を堪能していました(笑)


甘橿の丘で桜とお弁当を楽しんだ後、
今年はちょっと足を延ばして、石舞台の向こうの
飛鳥歴史公園の裏手のほうまで散歩しに行きました。
100403_1710~0001.jpg
100403_1713~0001.jpg

ここまで散歩しにきたのは、お花見のみならず、
飛鳥歴史公園の裏手に川の音がゴウゴウと鳴っている
所があって、それを越えて急な石段が続いているところに
昨年野生のミツバがそれはそれは沢山生えていたのを
見て「うわ〜、これはすご〜〜〜〜い!」と
言ってたのを、思い出したのです。

昨年よりはまだちょっと少なめでしたが
石段の脇に大きな野生ミツバが
今年もたくさん生えていて、大喜び\(^o^)/
此処に来て、今度はしばし野生ミツバとの
ふれ合いと収穫のひとときを楽しませて頂きました。
(お花見に来ても、しっかり野草の収穫もしてしまう
ユニティの3人でした・・・笑)

(私たちの他にも、慣れた感じで野生ミツバを採って
おられる方がいらっしゃって、私と誠君とChikoさんが
ワァワァ言って採ってるのを、ニコニコ見ておられました)


収穫した野生ミツバは、2/3はおひたしにして、
残りは、セリと合わせて茹でて、甘辛く煮た土筆も入れて
春の香りの菜飯にして頂きました。
nameshi1.jpg

春の野草は、七草摘みから始まって
フキノトウ、土筆、ミツバ、セリ、ヨモギ、ヨメナ・・・
などなど沢山ありますが、いろんな野草と親しみながら
お散歩できるのは、本当に幸せだなぁと思います。


でも最近ちょっとブログ内容に偏りがあるような
気がしますので(笑)、次回から
「本当の自分を生きる」冊子にも書いている
【毎日の瞑想】について
書いてみたいと思っています☆

それではまた(^^)/~~~
posted by narumi at 21:22| Comment(0) | Natural | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする