2012年06月30日

自然食いろいろ≪2012年前半編☆≫

6月30日、今年前半の最終日ですね♪

今回は、日々の食事の中で最近ちょっと
ハマっているテーマなど、私の自然食の
いろいろなお話を書きたいと思います(*^_^*)

自然食関連のことで、「あっ、こんなことも
ちょこっとブログに書きたいな〜〜」とか
思うことはいろいろとあるのですが、
あまりにもちょっとした話だったりして
ずっと書きそびれていたりします・・・(^^ゞ
(でも一応、携帯で写真を撮っていたり
するのですが〜〜〜笑)

それで、半年に1回くらい、まとめて
アップしたらどうかな(^.^)と思いついて
そうすることにしました♪


今年はやはり(一般的にも大変流行っている
ようですが)麹のことがとっても気になります。

以前、市販の乾燥麹を買っていたこともあった
のですが、より良質な生の麹を入手したいな〜☆
とずっと思っていたところ、今年の早春に
コープ自然派さんで有機JASの生の麹が販売
されているのを発見!嬉しくなって、早速、
玄米麹と白米麹を購入させていただきました。
(↓島根県のやさか共同農場さんのものです)
2012shizen3.jpg

『うかたま』という素朴で素敵な自然食の雑誌
(季刊)があって、内容もとても面白いことが
多いので(特に、誠君が好きで読んでいます♪)
時々買っているのですが、その『うかたま』でも
発酵特集などがあり、麹を使った甘酒や塩麹など
のレシピや記事がいろいろ載っていました。

その中で、一番作りたかった「甘酒のもと」を
自分なりの好み(玄米と白米を半々で♪)で
作ってみました!

↓白米の米こうじ
2012shizen1.jpg

↓玄米の米こうじ
2012shizen2.jpg

玄米の米こうじのほうが香りも強くて、
ぬかづけのような懐かしい香りがしました♪


☆「甘酒のもと」の作り方
(うかたまVol.24の甘酒の作り方を
参考にして少々アレンジしました)

○生の米こうじ300g(玄米麹+白米麹)
○お湯(70℃位)3カップ

・米こうじ(玄米・白米、お好きなものでOK)
を、手でパラパラにほぐしておきます。

・炊飯器に米こうじとお湯を入れて、かるく
混ぜ、布巾をかけて、炊飯器の蓋を半開き〜
開いたままにして、6時間ほど保温します。
(保温のスイッチを押します)
時々かき混ぜながら、温度は55℃〜60℃
を保つようにします。
2012shizen4.jpg
(雑誌に書かれていたように、最初、蓋を半開き
にしていたのですが、うちの炊飯器の場合、
そうしていると、温度がどうしても60℃を
超えてしまうので、布巾をかけて開いたままに
してみたら、温度が55℃〜60℃までの適温↓
が保たれるようになりました!)
2012shizen6.jpg

・6時間後、ホーローなどの鍋にうつして、
70℃位まで加熱し(この加熱でより甘くなるそう)、
冷めたら、ホーローのタッパーやビンなどに入れて
冷蔵庫で保存します。(半月以内で頂きましょう♪)
2012shizen5.jpg
↑これは最初に作った際の写真なのですが、
お水の量を少し間違えてしまったので
水分が多めになっています〜〜(^^ゞ

・この「甘酒のもと」をお水かお湯で2倍に希釈
すると、美味しい甘酒の出来上がりです〜☆
(温める際は、小鍋に入れて火にかけますが、
酵素の活性のため、熱し過ぎないように…)

作りたて出来たての甘酒は、ホントに甘〜くて
その甘さが、何ともいえない、滋養のある甘みで
とっても癒されました。。。

甘酒って、基本的にはHOTで寒い季節に頂く
のが美味しいと思いますが、お腹のためには、
暑い季節にいただくのも、とても良いそうです。
(冷やして頂く・・・というのもあるので)

その他、古代米(紫米など)を炊いてから作る甘酒
も作ってみて、こちらはさらに深みのある味わいで、
ものすごく滋味豊かな甘酒になりましたが、
そちらのほうがより時間がかかった(12時間ほど)
ので、又ゆとりのある時にチャレンジしてみたいと
思っています(*^_^*)

そして、一般的にもすごく流行っている「塩麹」
は、いろいろな市販品も沢山出ていますが、
麹とお塩とお水で、とっても簡単に手作り出来る
ので、野菜やお肉などに混ぜたりまぶしたりして
日々のお料理にも大活躍します。

私も、玄米と白米の麹とキパワーソルトの塩で
手作りした「塩麹」を愛用しています。

最近よく作るのが、オクラの塩麹和え。
(オクラを茹でて刻んで、塩麹で合えるだけ〜!
という超カンタンなものですが、大変美味です☆)
納豆も、調味に塩麹を少し入れるだけで、
とても美味しくいただけるので、ぜひどうぞ(^^♪


麹関連のお話が結構長くなりましたが、
毎年、その季節になると、よく作っているお料理で、
↓早春のウドのキンピラ(とれとれ市場で山ウドを
入手して作っています〜)や
2012shizen7.jpg
↓野ブキのあっさり佃煮(この野ブキは、なんと!
ユニティのプチ菜園産☆、早春にはフキノトウが出て
春から夏にかけて、どんどん大きくなってくれるので、
数回に分けて採っています\(^o^)/)
2012shizen8.jpg
*この野ブキの佃煮は、市販のきゃらぶきのような
濃いお味ではなく、葉っぱが主役のあっさりめの甘辛味♪
野フキの葉と茎を分けて、どちらもよく洗ってから、
茹でて水にさらし、葉も茎も細かく刻み、ゴマ油で
炒め煮にして、お醤油・てんさい糖(あれば、みりんも)
で味をつけ、仕上げに、かつお節を入れて出来上がり。

↓それから、5月〜6月にかけての季節感たっぷり、
美味しくて何度炊いても飽きないのは・・・豆ご飯!
(皆さまも炊いておられると思いますが〜〜(^^♪)
2012shizen9.jpg
5月に、エンジェルパートナーのルカさんが
事務所に泊まられた際も、ご一緒に皆で豆ご飯を
美味しくいただきました〜☆☆


そして、今の時期(6月半ば〜7月上旬)は、
梅ジュース(梅酵素)づくりに勤しんでいます。
(作り方は、↓以前のブログ記事をご覧下さいネ♪)
http://natural-business.seesaa.net/article/215025941.html

☆私は、この季節の「梅仕事」のなかで、梅干だけは
まだなかなかチャレンジできないでいるのですが、
無農薬の自然な梅で作ってくださった梅干を
購入していて、梅干を食べる時には、その種の
中の核(仁)まで、美味しくいただいています。
なにかちょっと突飛ですが(^^ゞ、ここでご紹介を。

*実を食べた後の梅干の種を、キッチンバサミの
下の方のギサギサのところで挟んで、割ります。
(とっても硬い時もあるので、気をつけて下さいね)
↓種の中の仁は、ちょっと甜杏仁のような味もして
何かしら薬効があるようにも思います。。。
2012shizen10.jpg

2012shizen11.jpg
↑このようなキッチンバサミを使用(笑)。


その他、オーガニックレーズンの酵母づくりも、
「かけつぎ」を続けて約2年☆になりました!
(「かけつぎ」とは、出来上がった酵母液を
少し残しておいて、次の発酵の際に入れることで、
その酵母から発酵が急速に進み、発酵時間も
大幅に短縮して出来上がります。
聞くところによると、酵母自体がだんだん
強く(たくましく?)なってくるそうです♪

現在は、1ケ月に1回くらいのペースで
かけつぎを行っています。

今でも、毎回毎回、レーズンの周りにプクプクと
勢い良く泡立って発酵している様には、何か
とても感動して、見入ってしまいます(*^_^*)

今後もずっとかけついでいったら、どんどん
すご〜く強いたくましい酵母♪になるのかしら☆
と思いつつ・・・毎月作っています(*^_^*)
(以前もビンに入ったレーズン酵母の写真を
載せたように思いますが、また今年のプクプク
発酵写真も掲載したいと思います〜〜♪)


今年前半の自然食づくりは、だいたいこんな感じ
でしたが(その他、写真を撮れなかったことも結構
ありますが…)、ユニティの事務所のプチ菜園では
また今年も元気に増えつつ実ってくれていた苺たちや、
何度も葉っぱを虫に食べられながらも何度も復活☆☆
して、とっても可愛い小さなお花を咲かせてくれた
ミニミニ薔薇など・・・プチ菜園の近況のお便りも
近々載せたいと思っています〜〜(^^)/~~~

それでは、また書きたいと思います!

posted by narumi at 22:16| Comment(0) | 自然食&野草 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月01日

あたたかな幸せに感謝!!エンジェルパートナーズ☆親睦交流の勉強会そのB

さて。。。(と言っている間に、6月に入りましたネ・・(^^ゞ)

親睦交流の3日目は月曜日でしたが、
午後から時間を空けて(ちこさんもお母様のお世話を
後日に延ばして下さって午後から来て下さいました♪)
ルカさんとちこさんと私と誠君の4名で
甘橿の丘と明日香方面の散策へまいりました(*^_^*)

ルカさんが奈良へいらして下さって、
初めて皆で甘橿&明日香へ行けることになって
とっても嬉しくて楽しみにしていたのです黒ハート

私がよくブログで甘橿の丘のことを書いていたり、
ちこさんとご一緒に明日香で野生のミツバを摘んでいる
お話をしていたので、今回ルカさんもご一緒に
大好きな場所を散策しながら野草摘みもできるなんて
幸せ〜〜〜\(^o^)/とワクワクしていました。


その3日目の午前中、ルカさんは早起きして
事務所から三輪山へと山の辺の道を1人でてくてく
歩かれて、大神神社と狭井神社に参拝してこられました。
三輪の大神神社の近くで、英国紳士のような素敵な
ファッションをされた86歳の方からお声をかけられた
そうで、「どこからいらっしゃったかな?」と尋ねられた
後、「桧原神社にはもう御参りされたかな?」と聞かれて、
「はい!ちょうど昨日、友人とお参りさせて頂きました〜☆」
と答えられたそうです(*^_^*)
その方は、とってもお元気そうで、毎日自転車で三輪まで
来られていて、以前会社を経営されてい時に大変お世話に
なった大神神社にずっと参拝されているそうでした。

その後、三輪からまた徒歩で戻ってこられたルカさん♪
(午前中ですでに8000歩になっていたそうです〜〜)
とご一緒に、又とれとれ市場へと繰り出してお昼と夕食用
の野菜をお買い物していると、今度は、2年ほどお逢い
していなかった私の知人にバッタリ!☆
「木村さんっ!」と急に声をかけられてビックリして
いたのですが、「お元気そうですね〜♪」とお互いに
ご挨拶して、久々の再会に何だか嬉しく思いました。

とれとれ市場で新鮮なお野菜などをあれこれとお買い物
して事務所へ戻り、「さぁ、お昼は豆ご飯よ〜〜(^^♪」
(皆の夕食の分も炊いたので、5合になりました〜)
私がお米をといでいる間に、ルカさんがパパッと豆を
むいて、炊飯器にセット♪

そして豆ご飯がホッコリ炊ける間、ルカさんとゆったりと
テーブルに向かい合って『アロマ&フラワーエッセンス
のお話と交流のひととき』が自然にはじまりました。

オーラソーマとアロマに特に詳しいルカさんは、
今回いろいろな香りのボトルも持ってきて下さっていて、
ルカさんからひとつひとつ説明をお聞きしながら、
ステキな香りを楽しませて頂きました。

感情解放の作用もある、背骨に沿って塗ってみると
良いというアロマは、ブルータンジーという植物のオイル
が入っていて、それを見た私が「あっ、タンジーって
FESフラワーエッセンスの中でもあるんですよぉ〜
タンジーって小さな黄色い菊のようなお花なんだけど、
ブルータンジーって青いのかなぁ〜?」と言うと、
またルカさんもそれに対応してアロマのお話が続き、
アロマやフラワーエッセンスがマニアックに大好きな
私達は、お互いにとっても有意義でうっとり優雅な♪
交流の時間を過ごさせて頂きました(*^_^*)

そうこうしているうちに、今度は、豆ご飯のいい香りが
漂ってきて、お昼ごはんの時間に☆
誠君とちこさんは少し遅れてこられるとのご連絡が入り、
(ちこさんはご自宅でお昼を済まされたそうだったので)
それでは、お先にと、ルカさんと一緒にたっぷり盛った
豆ご飯のお茶碗を前に、ちょっと神妙に向かい合って
「いただきますっっ!!」

3日目のお昼は、なぜか豆ご飯だけだったのですが(^^ゞ
(ルカさんがお土産に持ってきて下さった湯布院の
ちりめん山椒と一緒に頂きました〜〜)
これがまた良くて、ルカさんは一口一口味わうごとに
「シアワセッ♪」と噛みしめておっしゃっておられて、
まるで【豆ご飯をいただく瞑想】のよう〜〜って
思った私でした(*^_^*)

豆ご飯を食べ終わった後、和室で寛いでお話していると、
わ〜い!!ちこさんが到着〜〜♪♪
ちこさんは、3日目にはまた美味しいプチシュークリーム
を沢山買ってきてくださいました。
そして、電車の中で、分厚いお財布を拾われたとのことで、
駅員さんにお届けされると、「お届くださった方には、
これこれの権利が生じますので、こちらでご住所などを
お知らせください・・云々」と言われたそうなのですが、
「あっ、私、今ちょっと急いでおりますので、その権利は
結構ですので、よろしくお願いいたします。」と言うと、
「えっ、権利はよろしいんですか〜〜??」と驚かれ、
「ええ、結構ですので、どうぞよろしくお願いします♪」
とのことで、事務所に来てくださった愛すべきちこさん。

ルカさんとふたりでそのお話をお聞きして、
「そのお財布を落とされた方、ちこさんに拾われて
すごくツイてる〜〜〜☆☆☆」
そして、3人とも、3日目の日に、何か思いがけない
出来事や出逢いがあったので、楽しいネ〜〜!!
とワクワクを分かち合うことが出来たのでした♪

ちょっと遅れて誠君が帰って来るまで、
以前に私が聴いていたヘミシンクやメタミュージック
などのCDを聴いてみたり(ちこさんが気に入られて、
早速ヘミシンクデビュー♪してみます〜〜(^^♪と
持ち帰って下さいました)、ちこさんが持参して
下さっていたフナイの雑誌で、ルカさんが大変興味を
持たれていた記事が載っていて喜んで持ち帰られたり…
と、賑やかに楽しい交流が続きました。
(ちこさんのシュークリームとルカさんがとれとれ市場
で買ってくれた大きな苺をお皿に盛って頂きつつ♪)

その後、誠君が帰ってきて、皆でワクワク(^^♪
甘橿の丘と明日香方面へと車で向かいました。

桜井から甘橿の丘へ向かい、奥の無料駐車場から
ぐるりと正面の入り口のところへ歩いていく途中、
2日目の「鈴なりのさくらんぼ」のお話もしていて、
私が「その時すごく、ちこさんにも見せたいなぁ〜!」
って思ったことを言っていたら、一番前を歩いていた
誠君が「あれっ!又、さくらんぼがなっているよ〜」
「え〜〜〜っホント?」と駆け寄ってみると、
昨日よりもちょっと小さめの木に、可愛いさくらんぼ
がまた沢山なっていましたーーー(^o^)
「ちこさんに見せたいって話をしていたら、また
こんなに沢山なっているのが見れるなんて〜〜(ToT)」

嬉しい二度目のさくらんぼの木との遭遇に感謝感動!!
しながら、又みんなでちょっとだけいただいて(笑)
初夏の甘酸っぱい幸せ♪を味わわせて頂きました!

そして、甘橿の丘の正面から少し急な周り坂を登って
展望台へと向かいました。(この坂の途中でも、
野生ミツバが生えていて、またまたビックリ!
ちこさんルカさんも目がキラキラでした☆☆)
2012may8.jpg
↑黄色いアヤメのようなお花が咲いている場所も
とっても綺麗でした〜

大和三山と里山の風景が見渡せる展望台に到着。
いつも休日などは特に、この展望台の所は
人も結構多いのですが、私たちが着いた時には、
誰もいなくて、ゆるやかな風がサーっと吹いてきて、
「わぁーーー、気持ちいいねーーーーーーーーー!」

心地良い風に吹かれながら大きく伸びをするルカさん、
里山の風景を眺めながら携帯で写真を撮るちこさんと
私、そして、石のベンチでホッと寛ぐ誠君。
皆でこの心地良い時間を共有しながら、思い思いに
桜の木に囲まれた美しい展望台の場でゆったりと
過ごさせて頂きました。

2012may9.jpg
↑展望台の石のベンチで寛いでいるルカさんと誠君。

時間にすると、そんなに長くはないと思うのですが、
皆で大好きな場に訪れ、爽やかな風に吹かれながら
透明な時間を共に過ごせた充足感でいっぱいでした。

それからまた歩いて、駐車場へと戻り、今度は
明日香へと向かいました。
ルカさんのお帰りの電車の時間があるので、
明日香は今回少しだけ、私とちこさんが春の桜の頃に
よく行っている、野生ミツバの産地(!)をご案内
することになりました。

そこは明日香の石舞台の近くなのですが、
近くに滝のように水がごうごうと流れる音がして
何か神秘的で清々しいところです。
「ここが、あの(ユニティ内でのみ♪)有名な
ミツバの産地なんですね〜!」と嬉しそうなルカさん。

2012may10.jpg
↑ちこさんとルカさんがワクワク☆野生ミツバを
採っていらっしゃるところを勝手にパチリm(__)m

ここで頂いた野生ミツバと、ユニティ菜園の野フキ
の葉っぱも、ルカさんはお土産に持ち帰られました☆
(根っこ付きで持ち帰られたので、今、ルカさんちの
プランターですくすく育っているそうです〜(^^♪)

明日香の自然とふれあう時間の後、また車で事務所
へと帰って、早速夕食の準備を始めました。
ちこさんルカさんとご一緒に調理して、新鮮な野菜
たっぷり&採れたての野生ミツバもお吸い物に入れて、
ルカさん滞在3日目の幸せな夕食を美味しく頂きました。
(山ウドのキンピラもちこさんとご一緒に作りました!)

帰りの電車の時間が少しせまっていたので、夕食後は
すぐに、車で大和八木駅へと向かいました。
大和八木駅で、ルカさんちこさんと向かい合うと、
素晴らしい3日間を共に過ごせた喜びと感謝☆☆で
心がいっぱいになりました(ToT)/~~~
ルカさん、ちこさん、誠君、私、みんなであたたかく
握手とハグをしながら、お見送りさせて頂きました。

ルカさんをお見送りさせて頂いた後、また誠君と
いろいろ話しながら、とても貴重な3日間を
振り返っていました。

みんなで事務所でいろいろお話しているときも、
自然の中で植物や鳥達とふれあって遊んでいるときも、
そして、DVDをご一緒に拝見しているときも、
すべての時間が一緒に楽しく遊んでいるようでいて
そして、ずっと透明な直感に導かれながら
貴重な学びをご一緒に体験させて頂いているようでした。
本当に素敵な、素晴らしい時間でした。

3日目、実は、お天気予報のことだけ(曇りから雨の
予報だったので)最初ちょっと心配していたのですが、
そのことも、2日目の夜にルカさんと一緒に見た
エイブラハムのメッセージを思い出しながら、望まない
お天気予報(笑)にめげず、「望みにフォーカス!」
する絶好の機会になりました。
(結局、3日目のお天気は、午前中は晴れていて、
午後からは少し雲が広がる柔らかな日差しが続き、
本当に有難く嬉しく思いました。そして翌日には
しっとりと雨が降りました。)

この3日間、何か言葉で表現できない透明な繋がりの
感覚というか、エンジェルパートナーズの方々との
魂の交流の幸せと喜びを感じさせて頂いていました。

ルカさんがその後のメールで、
「なるみさんたちとご一緒できた奈良では、
“魂の歓びと心地よさ”を思い出しました。
そして、地域の人たちが自然と調和していると感じました。
三日間体験できたこと、本当に今後の人生に役立ちます。」
と書いていて下さって、とてもとても嬉しく思いました。

今の時機に、と思い、ルカさんがいらっしゃってから
だったので、私の手持ちの本で申し訳なかったのですが
「未来は、えらべる!」(バシャール&本田健さん)
のご本をお渡しさせて頂いて、ルカさんもとても
喜んで下さっていました。

大変長くなってしまいましたが・・・こうして、
あたたかな幸せに感謝!!のエンジェルパートナーズ☆の
魂のご縁の親睦交流のお時間を過ごさせて頂きました。

今回の人生でお愛できた魂のご縁のみなさまと
そして、これからお愛するご縁のみなさま方に
心より感謝したいと思います!!

そしてここからまた、ユニティハウスの夢の実現へ
ワクワク冒険の旅がはじまりますーーー(^^)/~~~

それではまた、書きたいと思います!
posted by narumi at 22:28| Comment(2) | Unity | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする