2014年02月28日

2014年の光の春

あっという間に2月の最終日となりました(*^_^*)

例年、1月下旬から2月中旬にかけては
エンジェルパートナーズのちこさんとルカさんはじめ
水瓶座の友人・知人・家族のお誕生日が続いていて
今年もまた幸せなお誕生日をお祝いさせて頂きました。
(その途中でバレンタインの感謝友チョコやりとりも

三輪在住の(水瓶座の)友人とも久々にお逢いした際、
前々回に書かせて頂いたイセヒカリのお米のことで
またもや思いがけないシンクロがあって、本当に
この【イセヒカリ】が、これからの統合調和の時代の
自然食のキーワードのひとつになるように思いました。

そして、普段はスポーツはほとんど無知な私も
今年はソチ五輪のフィギュアスケートの素晴らしい演技
にもらい涙で感動したり(インターネットで拝見しました)
世界の様々な出来事の中にも、今年7の年の流れを
垣間見させていただいた一月でした。


2月も半ば過ぎまでは、大雪に見舞われたりもして
なかなか春の兆しが感じられない気候でしたが、
ようやく先日、“光の春”の訪れが感じられる日に
山の辺の桧原神社(元伊勢)に参拝させて頂きました。

桧原神社には、春秋に時折参拝させていただくのですが、
2月中に一足早い光の春を感じて、誠君と一緒に
青垣の道をゆっくり踏みしめて散歩しながら
参拝させて頂けるのを毎年とても楽しみにしています。

風はまだ冷たいけれど、天から零れ落ちるような眩い光が
キラキラ降りそそぐ中を早春の兆しを感じて歩く時、
とても清々しい気持ちになります。


桧原神社は天照大神と豊鍬入姫命をお祀りされていて
倭笠縫邑(やまとかさぬいのむら)と書かれています。

元伊勢と呼ばれる桧原神社に訪れて、いつも感じるは
広々とした神域の伊勢神宮の素朴な元型のような
簡潔な縮図のような感じです。

私は、神社仏閣の歴史的なことは結構疎いのですが(^^ゞ
ただ、いつもその場に来させて頂いた時の気持ちや感覚、
素朴に感じる波動や心地良さから、その土地土地の
自分なりのイメージが湧いて、それを一番楽しみながら
お参りもさせて頂いているように思います。

そういう意味では、私にとっては、桧原神社は“光の春”
を象徴する神社で、毎年、立春以降の美しい晴天の日に
太陽と豊かさの女神達の温かいご縁の地を歩きながら
愛の光と未来への希望を感じさせて頂いています。


そして、今年は梅の開花が少し遅めだったように思いましたが、
この日、山の辺の道の御陵餅本舗さんにも久しぶりに寄って
絶妙に美味しい粒餡の御陵餅(白とよもぎ)を買って
長岳寺近くのトレイルセンターでお茶と一緒に頂きました。
(山の辺の道の和菓子お土産の中でも、一押し!の御陵餅の
写真を撮り忘れてしまいましたが、また掲載します〜☆)

トレイルセンターの近くには、ピンクや白の可愛らしい
梅の花が咲いていて、甘い良い香りが漂い
とても幸せな気持ちになりました。
2014ume1.jpg

でもなぜか蕾の付いた梅の枝も剪定されて落ちていて、
誠君が「せっかく蕾が付いてるのにね…」と言うので
咲いてほしいなと思い、少しだけ拾って頂いて帰りました。

素粒水のお水で、小さな可愛い梅の花が咲きました♪
今、事務所の和室が甘い梅の香りでいっぱいです(*^_^*)
2014ume2.jpg

2月後半は、昨年から始めた手前味噌づくりの仕込みも
したり(こちらもまたアップしたいと思います♪)
今月はブログが今回だけになりましたが
明日は3月1日。魚座の新月です。

地球での人生のさまざまな楽しみ方、今、感じることや
これから望むこと、又いろいろ書きたいと思います



posted by narumi at 23:06| Comment(0) | narumi | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする