2016年02月25日

イセヒカリ天酒ご縁の輪☆ワクワク拡大編☆開始予定♪

立春を過ぎて早や二十日余り経ちましたが
急に暖かくなったかと思うとまた大変寒くなったり…のこの頃、
みなさま、いかがお過ごしでしたでしょうか(*^_^*)


先日、ユニティハウスプロジェクトエンジェルパートナーズの
ちこさんと坂本さんとご一緒に(例年より少し遅くなりましたが)
新年初のミーティングを行っておりました。

1月中、私達は昨年からの持ち越し分の仕事でバタバタしていて(^_^;)
立春を過ぎてようやく皆のスケジュールが合い、先日のミーティングでは
昨年からの流れを引き継ぎつつ、今年の新たな活動の方向と希望の兆しが
沢山感じられた意義ある話し合いの時間を持つことが出来ました。


いつもエンジェルパートナーズの皆さんとのミーティングでは、
自然食のおやつを囲んでのホッと和やかなティータイムを共に愉しみながら
お互いの近況報告も兼ねた時間をゆっくり取っていたのですが、
昨秋のイセヒカリ天酒完成後は、もちろんお互いの話も沢山交えているのですが、
自然にユニティハウスプロジェクト初の共同創造であるイセヒカリ天酒事業に
関わるテーマに焦点が定まって、それもどんどん熱気も高まってきて
ミーティングの進行が早くなってきています

(先日のミーティングも、3時間以上休憩も取らず盛り上がって話合いを続け、
途中、ちこさんのご要望分のイセヒカリ天酒チラシを沢山印刷したりしながら
自分達らしいホッと心和む温かい心の交流と実際的な活動が一体化した
非常に有意義なミーティングが出来るようになってきました☆☆)


今回のミーティングの一番のテーマとしては、前回ここで書かせて頂いた
「医療施設や介護施設、また原発事故に被災されて健康不安や心身の不調が
あられる皆様にイセヒカリ天酒を無償提供(寄贈)をさせて頂きたいと考えていたこと」
があり、このことで、まずはミーティング前に、エンジェルパートナーズ御三家(3名)
の皆さんの意見をメールで集めさせて頂いた上で、私と誠君の意見も合わせて、
話し合いに臨みました。

エンジェルパートナーズの皆さんからは具体的な寄贈先例や候補も挙げて頂いていて、
「介護施設のイベントの際に使って戴く、大震災の被災者の方々を支援する
プロジェクトが主催される子どもたちの保養先でのおやつに使って頂く…」等の案を
皆でまず検討させて頂きましたが、実際のお話をいろいろとお聴きしてみると、
その主催者の方々のお考えや望んでいらっしゃることと、私達のイセヒカリ天酒の
特長を活かすかたちで提供させて戴きたいとの思いが自然に合致するには至らず、
何かどこかに無理がある感じがしました。

それで、一旦そのお話は検討中にしたまま、その後で、ちこさんと坂本さんより
イセヒカリ天酒を高く評価下さる方々の広がりや、また昨年末以降に戴いた
ご感想やお喜びの声などのご報告をいただきました。


ちこさんには、昨年より沢山のご友人知人の皆様へ大量の天酒をお配り頂いている中で
(またその皆様からリピートのご注文も沢山いただき、感謝の嵐になっていました☆☆)
ご友人知人の皆様方からお寄せいただいた素敵なご感想やご意見やメッセージを
ご報告いただきました

そして、ちこさんが懇意にしておられる昇先生(笑いの効用のご本やご講演活動でも
人気の高い産婦人科医の方です。昇先生のHPhttp://smilenobori.my.coocan.jp/ 
昇先生の奥様よりREADYFORのプロジェクトに温かい愛のご支援も戴きました☆)
が主催される食にご関心の高い方々の会で、これまではいつも優しい天使の笑顔で
皆さんのサポート役に回ることが多かった大和撫子のちこさんが、昨年末には、
ご自分から積極的に立ち上がり大好きなイセヒカリ天酒を熱くアピールするお話を
して下さったことをお聞きして、私達もあまりの感動と感銘で胸がいっぱいになり、
ちこさんの愛あふれる思いを心底大切に受け留めて活かしたいと思いました

(昨年末にご主人とご一緒に参加された昇先生のニュージーランドツアー
http://smilenobori.my.coocan.jp/tabinikki/2015/nzland.html
の楽しいお土産話も聴かせて頂き、羊さんチョコやマヌカハニーの
お土産もいただいて感謝感謝でした(*^_^*))

その他、特にご年配の方々からのご要望としては、今のインターネット注文の他に
FAXやお葉書などの注文形式があれば♪との貴重なご意見も頂きました。


そして、坂本さんからは、82歳のお元気なお母様(ずっと玄米や大豆などを中心に
した 自然食や御自身で手作りのお味噌や甘酒づくりもなさっておられるそうです)が
イセヒカリ天酒のことを「このような貴重なイセヒカリ玄米と蔵つき麹で、誰でも
食べやすく素晴らしい甘酒を創ってくださって本当にありがとうございます!と
まず申し上げたいとのこと、そして、同世代の方々にもこれを広めてゆきたいです。」
とまでおっしゃってくださっていたことをご報告いただきました。

坂本さんによると、これまでお母様にいろいろと手土産を持参した際に
本当に喜ばれたことが無かったとのことでしたが、昨年完成したイセヒカリ天酒を
持参したところ、初めてお母様が心から喜んで下さったとのこと。
(その後、同世代の方々にお知らせしたいと思って下さり「チラシはまだなの?」
と、坂本さんにせっついて下さっていたようでした(^^))

私達も、坂本さんのお母様が長年自然食を実践探求なさってこられたご実感のある
奥深いお言葉が本当に有難く、感激と感謝の気持ちでいっぱいになりました。
(その後、お母様の温かいお気持ち溢れるご感想と示唆に富んだメッセージを
坂本さんが的確に記述して下さった素晴らしい文章もメールで頂きましたので、
近々通販ショップなどでご紹介させて頂きたいと思っています(ToT)/~~~


このような経緯で、お二方のご報告をお聞きしているうちに、今回の寄贈の件も
イセヒカリ天酒に関して起こっている出来事から感じられる自然の流れに沿って
もう一度考え直した方が良いように感じられました。

当初は、昨年沢山の方々からイセヒカリ天酒に大きな愛のご支援を戴いたことで、
私達もどこかイセヒカリ天酒を無償提供させて頂ける所はないかと、素朴に単純に
考えていた寄贈の件ですが、実際に検討させていただくとどこかに無理があり、
今回のように自然な引き寄せで必然ベストと感じられるご縁がつながらない時は
イセヒカリ天酒本来の存在意義を大切にして、皆にとって本当に役立つことを
再イメージして考えた方が良いように思いました。


こうして、先日のミーティングを経て、昨年からいろいろと起こってくれている
事象と共に『イセヒカリ天酒に関わる自然の流れ』をひしひしと感じていました。

そして、新生ユニティの事業においても、私と誠君のそれぞれの特性や資質を
もっと活かしていこうと考えていた中で、誠君がイセヒカリのお米や麹などと
これまでの仕事で培ってきた自然食の知識を統合していく仕事をするにあたって
ずっと考えを温めていたことが、ここで何かピタッと結び付いてきたように思い、
ユニティ&ユニティハウスプロジェクトの新しい活動のかたちが見えてきました。


そうです!今年の【イセヒカリ天酒ご縁の輪☆ワクワク拡大編☆\(^o^)/☆】
を開始すべく、今、プロジェクト内で相談しながら準備を進めています

fp1.jpg

では・・・この続きは、また随時アップしたいと思います(^^)/


☆イセヒカリ天酒のワクワク拡大編とともに
新生ユニティの私の精神的な活動と仕事のほうの準備を進めていて
自己表現の幅を広げるためにチャレンジしたいジャンルも出てきました☆
まだちょっともたもたしていますが(^^ゞ本格的な春に向けて
徐々にスピードアップしながらご報告したいと思います

それではまた

posted by narumi at 23:33| Comment(0) | narumi | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする