2016年03月31日

3月の終わりに

2016年3月も最終日になりました(*^_^*)
皆様は、どんなひと月をお過ごしでしたでしょうか。

今週から気温もグンと上がってきて
奈良でも近くの川沿いやあちこちで桜が咲き始めました。
この週末は、各地でお花見を楽しまれる方々も多いと思います。

年に一度、ふんわり柔らかな桜色の風景に包まれるひと時を
今年も楽しませて戴けることに心から感謝しながら
2016年の桜を感じて愛でたいと思います。


今日ふと、以前に桜の季節に書いた個人HPの文章の
『桜と夢屋と一願成就』という題を思い出して
「どこに書いたんだっけ…」と探してみたら
「新月のつぶやき」の中にありました。

『桜と夢屋と一願成就』
http://www.narufan.net/shingethu.htm

これは、桜の季節に信貴山に誠君と出かけた時の話で
2009年前後のような気もしていたのですが、
実際は思ったより前で、2004年の3月のことでした。
(その後、ちこさんとご一緒に3人でも信貴山に行ったので
それと勘違いしていたのかもしれません…。)

12年も前に書いていた話をなぜか今日読み返して
(その時はまだ誠君のNaturalMarketingも設立の前でした)
その頃の「願い」や心境や気持ちを思い出したのですが、
この話の中で、「望みを持つ」「イメージを浮べる」「執着(抵抗)を捨てる」
という(今で言う引き寄せのプロセスの)一連の流れのことや、
“人生の旅の途上の何時の時も、後から思えば、「それでよかった。
それが必然であった。」と分かる時がやってくるような気がします。
道に迷って先が見えないときも、曲がりくねった道で躓いて転んだことも、
やがてそれが人生の次のシーンへと向かわせてくれる一場面であったことを、
3次元に生きる私たちは自らの経験として知っていくのでしょう。”と
当時書いていたことが、今この時、今日この日の私の心とも
繋がっていることを不思議な気持ちで感じていました。

3月中、私と誠君は新生ユニティの新事業とイセヒカリ天酒の拡大編の
かたちを創るためにずっと取り組んでいて、エンジェルパートナーズの
ちこさんや坂本さん(そして、イセヒカリ天酒を絶賛下さって大変熱心に
広めて下さっているお母様)とも頻繁にやりとりさせて戴いていましたが
それらのスタートのご報告は、残念ながらもう少し先になる予定で
でも、4月中にはぜひお知らせしたいと楽しみに思っています。


そして、2月の光の春から3月いっぱいは、休日に、仕事の合間に
自然の中に歩みだすと、親しみを覚える沢山の野草たちが次から次へと
リレーのように可愛い顔を見せてくれてくれる嬉しい時。

春の恒例の土筆取り、今年も短時間ですがしっかり楽しめて感謝!
ほろ苦い土筆のグレープシードオイル和えなどで戴きました。
2016haru2.jpg

事務所の菜園で野生化?して逞しく育ってくれている苺も
今年は早々と一番のお花を咲かせてくれていました
2016haru1.jpg

明日から春本番の4月。
桜の花に心を潤わせながら
わたしたちの魂の歓喜が美しいかたちになりゆく
皆の愛と幸せいっぱいの春になりますように

posted by narumi at 23:20| Comment(0) | narumi | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月09日

引き寄せの法則と最近のおすすめ本

今日は、魚座の新月。
&3月9日はサンキュー(ありがとう)の日だそうです。

あたたかい魂のご縁の方々に沢山の「ありがとう♪」を
さり気なく心をこめて言えたらいいですね(*^_^*)


さて今日は、久しぶり?に引き寄せのご本のお話などを。。


ここ1〜2年、第2の引き寄せブームだそうです。

確かに、先日誠君と大きな書店に行った際に、
スピリチュアル系コーナーに並んでいる本の題名にも
「引き寄せ」の文字が目立っていました。


最初の引き寄せブームは、2007年頃。
ロンダ・バーンさんの「ザ・シークレット」が日本でも発売され、
エイブラハムの「引き寄せの法則 エイブラハムとの対話」など
ソフトバンククリエイティブ社のシリーズが出た頃だと思います。

「引き寄せの法則」というものの一般的なイメージも多分あると思いますが
私にとっては、本当の意味での「引き寄せの法則」の本というのは、
大いなる宇宙のしくみ、源とのつながり、見えない世界と見える世界の関係、
そして、わたしたちが肉体に宿った源として、さらなる創造の喜びのために
この世界に自ら望んで生まれてきたこと…といった本当に重要な驚くべきことを
思い出させてくれるように解説されている、大変に面白く、分かりやすく、
且つ、読むたびにいつも奥深い感動をいただく本という感じです。


そういう全く私的な見解で観てみますと、数ある引き寄せの本の中でも
『人間以外の存在が宇宙的存在見地から語った最も素晴らしい引き寄せ本』は、
(かつてはエスター&ジェリー・ヒックスご夫妻としてご活躍されていた)
エスター・ヒックスさんがチャネルしている愛あふれる高次元の存在の
エイブラハムの引き寄せの法則のシリーズです。
book1.jpg
↑赤・青・金・銀(表紙の模様の色)の後で出たエイブラハム的人間関係の本と
シンプルな素晴らしいメッセージが大変おすすめのCDブック

そして『人間が人間的な存在見地と事例から書いた最も素晴らしい引き寄せ本』
としては、ロンダ・バーンさんの「ザ・シークレット」を挙げたいと思います。
book3.jpg
↑「ザ・シークレット」とその後の「ザ・パワー」


エイブラハムのシリーズは、本当にこれほど興味深く重要なことばかりが
書かれた本があるのか・・・と思うほど、どの本もあまりにも素晴らしい充実した内容で、
文字(エイブラハムが話している部分)からも何か偉大な愛の波動が出ているようで
人間世界では非常識でもあることも、宇宙の英知と最高のユーモアを伴った
魂の声を聴くようにすーーーっと抵抗なく入ってきます。

これはやはり、私達の源の波動だからなのでしょうね〜〜〜(*^_^*)と
理屈抜きで納得できるのが本当に楽しいです。

↓エイブラハムのDVDは、本以上に「波動」がそのまま伝わってきて
本当に最高に価値ある内容です!!!!!!(エイブラハムに質問される方々の
表情の変化も信じられないほど感動的で本当に素晴らしいですよ〜
book2.jpg


また一方、「ザ・シークレット」とそのチームで世界的に有名になられた
ロンダ・バーンさんのご本からは、人類の進化と人生の喜びに対しての
燃えるような大きな熱意を感じさせて頂きました。

ロンダ・バーンさんご自身の人生のどん底で「秘密」を知ったことから
「引き寄せの法則」という宇宙の秘密を世界中の人々と分かち合いたい
との望みが生まれ、ロンダさん自身の壮大な拡大の旅が始まられて
そして、「ザ・シークレット」の制作で数億円の負債を背負われながら
道行く人々に手持ちのお金を配られ、お金に対して人生で初めて「愛」を
感じられたお話など(豊かさの8ナンバーの私や誠君などはまた特に)、
人間の純粋な心のエネルギーの偉大さを強く感じました。

エイブラハムの愛と最高に楽しいユーモアやキツいジョークもいっぱいの
素晴らしい宇宙のメッセージを伝えてくださっているエスターさんも、
引き寄せの「秘密」を世界中の人々と分かち合うために「ザ・シークレット」
を世に出して水瓶座時代の大きな博愛をそのまま体現されているような
ロンダ・バーンさんも(共に60〜70代であられるようです)
地球の進化を強力にバックアップして下さっているように思います。


そして、日本ではエイブラハムよりも先行して人気のバシャール。
「ダリルさん」というチャネラーの未来生が「バシャールさん」だそうです(*^_^*)

バシャールと言えば「ワクワク」がすぐ思い浮かびますが、
誠君と私が読んだバシャール本の中では(以前も書いたかと思いますが)
本田健さん+バシャールの「未来は、えらべる!」と「人生に奇跡を起こす
バシャール名言集」は非常に読みやすく、聞き手の本田健さんの質問力によって、
バシャールのエッセンスがとてもよく分かるように思います。
book4.jpg

先日、ヴォイスさんからのお知らせで『その名は、バシャール』という
バシャール+人気ブロガーのさとうみつろうさんの話題の新刊が出たとのことでした。
目次を拝見すると、今の社会の流れの重要ポイントを押さえまくっている感じ(笑)で
(バシャールは個人の未来生の方なので、高次元エネルギー的存在のエイブラハムより
少し人間寄りの視点で、社会的なことにもサポートのメッセージを沢山くれています。
また嬉しいことに、バシャールはエイブラハムとも交流されているとのことです☆)
内容的にもきっと充実したワクワク進化系のものと思いますので、
私も近々読みたいと楽しみにしています。


そして、日本の魂科医の越智啓子先生が昨年出された30冊目のご本の
「魂の導き」を今年になって拝見したのですが、エネルギーが素晴らしく
越智先生の著作の中では私的に最もパワーとエールを戴いたご本
でしたので、このご本とロンダ・バーンさんの最新刊の「ヒーロー」を
先日、親愛なるエンジェルパートナーズの皆さんに心からの感謝をこめて
進呈させていただいていました
book5.jpg


今日は、思いつくままに「引き寄せの法則」の私の大好きな本のことを
少し綴りましたが、素晴らしいご本とのご縁も本当に有難いなぁ!!と思います。

素晴らしい波動とメッセージをありがとう


ではまた書きたいと思います(^^)/


posted by narumi at 23:55| Comment(0) | narumi | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする