2010年06月12日

瞑想序話

さて、瞑想序話です。
(なんだか大袈裟な感じですが(^^ゞ)


自分なりに“瞑想”なるものを始めてから
かれこれ15年以上経つように思います。


瞑想との一番初めの出逢いは
スピリチュアルなワークショップの瞑想タイム
だったように思いますが、
これは「静かに自分の心を見つめる時間」
のように受け取っていました。
家に帰って一人でそのような瞑想タイムを
持つことはありましたが、どちらかというと
瞑想というよりも、内省の時間といえるものだったと思います。


その後、自己流で始めた瞑想の変遷は
【本当の自分を生きる】冊子の
「この世で魂のエネルギーを体感する瞑想」という
章で詳しく書かせていただいたのですが、
私が本格的に瞑想を始めるきっかけとなったのは
玄米菜食と塩浴を実践しているうちに
思いがけず、いろいろな現象が起きてきて
(エネルギーにすごく敏感になり、白い光が見えたり
小さな竜巻のような螺旋のエネルギーを感じ出したりして)
最初はひとりですごくビクビク怖れていたのですが、
「空の会」という気功教室に通い始めたことがきっかけで
今まで知らなかった「気」の世界にふれあって
そのお蔭で怖れも少し和らいできて
今度はそれをもっと見極めたい気持ちが
ムクムクと湧いてきたことからでした。


そして、スピリチュアルな本や学びを通じて
気の世界や見えない世界を探求し始めたのですが
その中でいつしか
「宇宙エネルギーを実感したい」という望みが
自分の中ではっきりしてきたように思います。


またその後、
不思議研究所のもりけんさん(森田健さん)との
出逢いのお蔭で、米国モンロー研究所のヘミシンクを
知ることができました。早速フォーカスCD等も購入して
そういった瞑想に励んでいた時期もありました。
(今、このヘミシンクシリーズは
京都のTHDさんでもお取扱いされています)


私はヘミシンクを聴いて体脱は出来なかったのですが
(できないというより、その頃、体脱はなんとなく
心から望めなかったように思います)
でもそれで、「私は、体を抜ける体験よりも、
この肉体を持ったまま、宇宙エネルギーと融合したい」
という自分の気持ちにも気づいていったように思います。

(今後またいつか、体脱というテーマが
自分の中で浮上してくるのか?は分かりませんが・・・)


その後、又いろいろな体験を経ながら
自己流の瞑想を続けているうちに
ある夜、身体の各箇所の感覚が消えてきて
身体の内部が全部宇宙になったような感覚を
覚えたことがありました。


↓その時の感想。
「うわぁ・・・!!! 自由って、震えがくるみたい・・・」


ワクワクを通り越して、震えるほどの自由。
そんなことはあまり考えたこともなかったのですが、
宇宙の本当の自由を、この時、ほんの少〜し
垣間見たような気持ちになりました。


その後も、私の瞑想は続いてゆくのですが
元々、怖がり故にオカルトっぽいものなどは極力さけて
生きてきた私が、このように極めて積極的に瞑想を続けてきたのは
ひとえに「宇宙のエネルギーとふれあいたい」との
強い望みからだと思います。


又、ずっと「惹かれるのにまだ怖い(苦笑)」状態も
自分なりに徐々には乗りこえていっていたのですが、
それが決定的に「OK!!」という気持ちになれたのは
やはりエイブラハムの本のお蔭だと思います。

引き寄せの法則の本の中で
自分の内なる存在(魂)と繋がる瞑想のことが
勧められているくだりを読んだ時、
自分が日々行っている瞑想、その時感じているエネルギーが
あまりにその通りに明瞭に書かれていたので
とても驚いたのです。

「えぇ〜〜ホントに!?〜〜これでいいんだぁ♪」

宇宙の見えない世界の存在である
エイブラハムの瞑想の説明にふれた時
心から素直に頷けるものを感じたのです。


エイブラハムのお蔭で、見えない世界に対する
怖さは、ほぼ完全に無くなりました。
それで、その後は心から安心して(*^_^*)
日々瞑想に取り組んでいます。

(今のスタイルは、朝起きてすぐ瞑想していて
食事をしたり散歩をするのと同様に
宇宙の見えない世界の魂のエネルギーを
とても身近に感じられるようになりました)


序話は一応これで終わりなのですが
これから又、日々の瞑想の徒然話や気づきなど
少しずつ書いていきたいと思っています。

(皆様がご自分の瞑想に取り組まれる際に
何かのご参考になれば、とっても嬉しいです♪)


あっ、今夜は、双子座の新月ですね(*^_^*)
機知に富み、コミュニケーションを司る双子座。
今、天王星と木星が牡羊座に入っている革新の時期に
どのような新しいインスピレーションと出逢いを
もたらしてくれるでしょうか?

わたしたちの、宇宙のすべての存在たちの
心と身体と魂の素晴らしい交流が
ますます豊かに盛んになりますように☆☆

posted by narumi at 22:22| Comment(0) | Spiritual | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]