2017年06月24日

2017年前半の花と野草と自然の手仕事♪

みなさま、いつもありがとうございます(*^_^*)

先日の夏至(6月21日)を過ぎて
明日は(もう今日になりましたが(^^ゞ)
蟹座の新月ですね。

例年、新春〜早春〜晩春〜初夏〜梅雨の間は
季節の美しいお花達や新緑の野草達に満ち溢れる時ですが、
その時々に撮った写真をその都度掲載しきれない年も多くて
その際、半年分まとめてアップしております(^_^;)

今年の1月から3月までは実家の父母のことなど
いろいろなことがあったので、ちょっとおおまかな感じですが
今年前半の花と野草と自然の手仕事の写真を載せたいと思います♪



2017fgn1.jpg
↑これは今年のお正月の時点でのピンクのミニ薔薇です☆
田村さんの有機イセヒカリ米ぬかオーガニックで育ててから
真夏でも真冬でも(特に冬は長く保っています♪)咲き続けるようになって
一年中、可愛いお花を楽しませていただいています


2017fgn2.jpg
今頃・・・って感じですが(^^ゞ
近くで採った野草いっぱいの七草がゆ(左)と
大和当帰(ヤマトトウキ)入りのチクピー豆のスープ(右)
大和当帰の乾燥粉末は、セロリに似た香りが特長なのですが、
いろんなお料理に入れて試してみて、とにかく和洋中と幅広く
合ってしまうのがホントに不思議
大和当帰については、またじっくり書きたいと思っています


2017fgn3.jpg
↑これはお皿のせいか何かでちょっとレトロな感じに見えますが
冬の間に作ったミニマフィンやガレットなど♪
このようなおやつにも、たんぽぽの根の粉など入れたりしています


2017fgn4.jpg
イセヒカリの蔵つき麹と無農薬大豆とキパワーソルトで仕込んだ手前味噌。
昨年仕込んだものは、ものすごく深みのある絶妙な美味しさです。
右の春の土筆の卵とじは、このまま丼にのせると、土筆丼ですね♪


2017fgn5.jpg
ユニティのイメージ花の八重桜です♪今年もとても美しく咲いていました!
愛と豊かさを同時に感じさせてくれる八重桜は、日本の薔薇のよう


2017fgn6.jpg
↑自宅の薔薇たちや梅や桜などの春のお花を素粒水にひたして
様々なフラワーウォーターを作りました
特に八重桜やゼラニウムの香りの良さはもう言葉を失うほど☆☆
ただただ幸せな気分になります。今後の新たなスキンケアの方向としても、
女性男性を問わず、心身を癒して安らぎを与えてくれる高波動のものを
創ることが出来たらと思っています。


2017fgn7.jpg
作秋に無農薬の苗を購入して育てたゼラニウム。
あまりにも大きく育って、お店の方からも驚かれていました!
香りの良いゼラニウムを乗せて作った(ちょっといびつな(^^ゞ)
スコーン風ビスケット♪


2017fgn8.jpg
事務所の菜園に実った小さな無農薬苺と、
ツボクサ?かオオバコ?をミキサーした生ジュース。
(ツボクサも、オオバコも、一度ずつミキサーにかけたのですが、
この写真はどちらだったのか分からなくなってしまいました・・・笑)
不思議な薬効満載のツボクサについては、今バランスの良い食べ方を
研究していますので、またヤエムグラなどのデトックス系の野草と共に
いろいろご紹介したいと思います。


2017fgn9.jpg
これは、オオバコを刻んでお水と一緒にミキサーにかけたものを
米粉で練って小さなお団子にしたものです。
これを茹でて、すまし汁やお味噌汁やスープの具に入れます。
野草研究家の村上光太郎先生の本に掲載されていたのですが、
繊維の硬いオオバコもこうすると誰でも食べやすくなり
とっても綺麗な緑色で美味しくて、おすすめです!


2017fgn13.jpg
↑春から一番いただいているタンポポのことを書き忘れていたので
追加しました(^^)/(写真が今これしかなかったので、後日追加します♪)

早春の苦味の少ない葉っぱの時は、生でサラダに入れて
イセヒカリ天酒すりタイプ+にんにくすりおろし+塩(キパワーソルト)+
黒酢+インカインチオイルまたはグレープシードオイルやオリーブオイルの
『甘酒ドレッシング』でいただくのが最高に美味しかったです!
その後、まるでロケットの野菜のように大きくすくすく育ったタンポポの葉っぱは
苦味が強くちょっと生で食べにくいので、キャベツやもやしと一緒にサッと茹でてから
しょうゆ+グレープシードオイル(+好みで鰹節を少々加えても美味♪)を入れた
定番の『グレープシードオイル和え』。
こうすると苦味もほどよいアクセントで、ちょっと洋風の美味しい和え物になります

村上光太郎先生のご本では、タンポポをベーコンで巻いた炒め物や
タンポポと薄切り肉のカツやタンポポ入りお好み焼きなど掲載されていました☆
タンポポは、根っこの健胃・温活作用の他、葉っぱは女性ホルモンの働きを高めたり
美肌づくりに役立つ作用も期待されますので、これから私も美味しいタンポポ料理を
もっと考案したいな♪と思います

その他、5月の薬草三昧の記事にも書いていましたが、
ユキノシタなどもいろんな料理を試しながらいただいていました♪
これから夏にかけては、ちょっと酸味とぬめりがあって納豆などにも合う
スベリヒユなどもいただくのを楽しみにしています♪



2017fgn12.jpg
6月に入ると、恒例の梅仕事梅ジュースづくりの季節ですね!
(毎年この季節に沢山検索してご来訪頂いている、てんさい糖でつくる
「手作り梅ジュース&梅酵素」のページはこちらから

今年は、てんさい糖も優しい甘みの粉末のものを使用して作っています。
右は、今年初めて知ったサルトリイバラの葉っぱを蒸して乾燥しているところ。
何ともいえない甘い匂いがして(西日本ではこれで柏餅にするそうですが
大阪出身の私は全く知りませんでした…。)お茶にしてみたら
とっても美味しくて感動しました!重金属も排出してくれるそうで
満月から新月にかけての下弦の月の間のデトックスにも
ピッタリのお茶かもと思います♪


今日は、ここまでですが
蟹座の新月の後、また書きたいと思います


posted by narumi at 01:02| Comment(0) | 自然食&野草 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]