2018年08月31日

サラとソロモンの無条件の愛と万事良好の流れ

みなさま、いつもありがとうございます(*^_^*)

昨夜に引き続き、超珍しく、連続ブログ更新いたします



中学生の頃に『君は、何を、望むか』という声なき声が聴こえてきてから
数十年後、「引き寄せの法則のエイブラハム」のご本と出逢いました。

先に、大きな世界的な愛によって大成功を収められた素晴らしい女性、
ロンダ・バーンさんの「ザ・シークレット」のご本を読んでいて、
その後、宇宙の高次元の教師的な存在(集合体)のエイブラハムのメッセージを
1980年代からご紹介下さっているエスター&故ジェリー・ヒックスご夫妻の
【引き寄せの法則 エイブラハムとの対話】などのエイブラハム本シリーズを
誠君と共に次々と購入して、ずっと愛読しています。

その後、ユニティハウスプロジェクトの親愛なる皆様にご紹介させて頂いたり、
エイブラハムの素晴らしいDVDもずっと親しませて頂いてきました。

私的には、あまりにこの【エイブラハム】的感覚が最も合っていますので、
それでその後は、ザ・シークレット系の著者の方々のご本を時折拝見する位で、
日々のスピリチュアルな愛読書は、ほぼエイブラハムとなっています。


自分でも、これはもう理屈ではなく、
エイブラハムの純粋な高波動ゆえと思います。


宇宙の源の、純粋な愛と叡智の波動。


その宇宙の愛と叡智がそのまま心と右脳に伝わってくるところ、
そして、それがまた究極的に論理的でもあり完全に筋が通っていて、
左脳的にも、全く持って完璧に理に叶っているところ。

その上、エイブラハムは時々ドキっとするキツ〜い冗談なんかも言っていて
それがまた超面白くって、何かホントに超絶的に素晴らしい教師団です。


このままいつまでも、エイブラハムへの賞賛の嵐をすることも出来ますが(^^ゞ、
これらエイブラハムシリーズの中で、昨年の春に親愛なる魂友のちこさんが
誠君と私に贈ってくださった「サラとソロモン」という物語形式のご本が
最近は、最も心に沁みるお気に入りになっています。

その「サラとソロモン」の物語シリーズは3冊あって、
その最初の「サラとソロモン 少女サラが賢いふくろうソロモンから学んだ
幸せの秘訣」のご本の中から、私の心に沁みて響きつづけている
素晴らしい一節を少しご紹介させていただきたいと思います。




☆・。・゜★・。・。☆・゜。・。・゜★・。・。☆・。・゜★・。・。☆・。・。☆・。・゜★・。・。☆


『あのね、サラ、これは最初は君には少し奇妙に聞こえるだろうと思う。
これはほとんどの人にとって、全く新しい考え方なんだ。
けれどもこれを理解するまで、人は決して本当に幸せにはなれないんだよ。
少なくとも、ずっと幸せであり続けることはできない。』



『常に君に向かって流れ続けている≪混じりけのない至福のエネルギーの流れ≫
があるんだ。それを≪生命の力≫と呼ぶ人たちもいる。

他にもいろいろな名前で呼ばれているけれど、とにかくまず、
君たちの地球を創り出したのも、この≪エネルギーの流れ≫なのさ。
そして、この美しい地球を存続させているのも、≪エネルギーの流れ≫なんだ。

≪エネルギーの流れ≫のおかげで、地球は他の惑星との間に完璧な距離を
保ちながら軌道に乗って公転している。

この≪エネルギーの流れ≫が、微生物の完璧なバランスを保っている。
≪エネルギーの流れ≫が、君たちの地球の水を完璧なバランスに保っている。
この≪流れ≫が、君が眠っている時にも、君の心臓に鼓動を打たせているんだ。

これは素晴らしい、強力な≪万事良好≫の流れなんだ。
そしてこの流れが、毎日、毎晩、毎分、君たち一人ひとりの中に流れ込んでいるんだ。』



『そうだ、サラ、君は自分が「愛する者」であるということを理解しつつある。
君は、非物質レベルの混じりけのない至福のエネルギーが物質レベルに
延長された存在なんだ。つまり愛の延長なんだ。

君が、周囲の状況にかかわらず、何が何でもその混じりけのない
愛のエネルギーを流れるままにまかせることができるようになれば、
無条件の愛を達成したことになるんだ。

それができたなら、いや、それができてはじめて、君は真の意味で、
非物質レベルの君の本質が物質界に延長された存在となり、
本当の君がこの世に生まれて表現しようとした通りの自分になれるのだ。

それができてはじめて、君の存在の目的を真に成就したことになるんだ。』


☆・。・゜★・。・。☆・゜。・。・゜★・。・。☆・。・゜★・。・。☆・。・。☆・。・゜★・。・。☆

「サラとソロモン」 ナチュラルスピリット刊
 エスター&ジェリー・ヒックス著 加藤三代子訳 より抜粋




このような無条件の愛と万事良好の流れのメッセージの中に
心に響くものを感じてくださいましたら、ぜひインターネットや書店で
「サラとソロモン」のご本をご覧になってみてくださいね
2018book1.jpg

「サラとソロモン」の続きは、河出書房新社刊で
「物語で読む引き寄せの法則 サラとソロモンの友情」
「物語で読む引き寄せの法則 サラとソロモンの知恵」が出ています。
2018book2.jpg
↑友情の本には、セスという男の子も登場し、その後の続きの知恵の本では、
アネットという女の子が仲間入りして、心に沁みる凄い展開が楽しめます

posted by narumi at 21:09| Comment(0) | Spiritual | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]