2018年12月22日

射手座の新月から2018年冬至へ☆

魂のご縁の皆様方、いつもありがとうございます(*^_^*)

本日12月22日、あともう数時間で
2018年の冬至ですね。

寒さも本格的になってまいりましたが、
皆様はいかがお過ごしになっておられますでしょうか。


前回、拡大発展と幸運の星と呼ばれる木星がホームグラウンドの
射手座に12年ぶりに帰還して、『射手座木星期』の1年が幕開け
したことを書いておりましたが、この射手座木星期の1年間において
その時々の自分や周りの方々の進化と成長の記録を綴っていきたいと思い、
『射手座木星期の自由☆進化☆拡大☆発展☆飛翔の成長記録』を
次回以後にvol.1〜書いていこうと考えたのですが、やはり射手座の
拡大志向のためか?何か大々的な題になってしまいました(^^ゞ

題は、なんだか大変大仰な感じになっていますが、
大いなる自由と叡智に満ちた射手座ワールドの流れに乗って
宇宙の源の愛と新たなる進化に心の扉を開きながら歩んでゆく
私達の日々の心と身体と魂の成長記録になればいいな〜と思っています

(射手座木星期に入る直前に、ドラゴンヘッドが蟹座に移動し、
ドラゴンヘッド蟹座〜ドラゴンテイル山羊座の1年半が始まった
とのことで、そのことでもいろいろ感じていることがありますので
そちらもまたぜひ書きたいと思っています!)



それでは・・・今回は、キックスターター申請直前(ずぅ〜〜っと直前と
なっておりますが(^_^;)、その後もあまりに貴重なプロセスを経ながらも
ついに申請直前☆に辿り着いてきました(ToT)/~~~)の近況などを
少し書きたいと思います。


まずは、先日、12月7日の射手座の新月の日に
株式会社ユニティHPをリニューアルさせていただきました。
http://www.unity-house.net/

今のところ、とてもシンプルなサイトの外観ですが、
それがかえって自由で伸び伸びとした感じもしますので
これから新たなコンテンツや内容を付加してゆくごとに
進化してゆくサイトにしたいと思っています。

じつは、Unity358のサイトもこのWordpress.comで
制作しているのですが、まだ作成途上でプライベート設定なので
キックスターターの開始後にカスタマイズしたいと思っていて
こちらもぜひ再オープンさせていただくのを楽しみにしています


しかしながら今年は、ユニティの会社でのお仕事というよりも、
ユニティ本来の目的であるユニティハウスの実現に向けての事業を
ユニティハウスプロジェクトとして行ってきたように思います。

今年ずっとユニティハウスプロジェクトのエンジェルパートナーズ
の方々とは、今回のキックスターターの世界プロジェクトという
初の事業における共同創造のテーマがとても大きかったのですが、
春から夏、そして秋から今ここに至るまで、ずっと温かな心の交流と
お仕事のやりとりを続け、その間も日々お互いが共に変化成長しながら、
それぞれが本当に自分らしくあり、自然に関わり合うことが出来て、
自他に愛と感謝を感じ、高め合い、支え合ってきた実感がとてもあり、
その中で、このプロジェクトを共に育ててきた感が強くあります。

そして、メンバーもそれぞれのお仕事や家庭の状況などもある中で
ひとつの大きな目的に向けて、これほどまでにまで純粋な温かい思いで
また、自然に素の自分らしく関わり合うことが出来るということが、
私にとっては、お仕事の共同創造の中でも、本当の心からの幸福を
感じることでもありました。

また、この私達の共同創造を見守り、ずっと応援してくれている家族や
周りの方々とのあたたかな心の交流とふれ合いが、いつも身に沁みて
有難く嬉しく感じることが本当に多くありました。
(今日も急にちょっとご無沙汰していた私の弟から連絡が来て、
少し近況報告後、姉弟でお互いの幸せと成功を祈り合っていました☆)


ユニティハウスは、「心と身体と魂の統合調和のみんなのお家」である
と共に、「〜心から幸せに働ける場を創ろう〜」というメッセージを
持っていますが、エンジェルパートナーズの方々はじめ魂の友の方々との
愛と感謝の共同創造の中で、はっきりとその第一歩を歩んできた実感を
いただいたことは、何よりもの至福であったと思います。

宇宙の源との神聖なつながりの11の年である今年の
新たな体験からいただいたこの新たな至福にあらためて
心からの愛を感じ、心より深く感謝したいと思います

今、この実感を胸に、皆でラストスパートの最中ですが、
近日中にまたお知らせ&ご報告したいと思います

それではまた




posted by narumi at 02:22| Comment(0) | narumi | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]