2019年01月06日

2019☆謹賀新年&山羊座の新月

大いなる宇宙のワケミタマの皆様

いつもありがとうございます


3日の新春速報からまた3日経て
本日は、山羊座の新月(部分日食)でした。

それでは、あらためて今日の新月に
新年のご挨拶のつづきをさせていただきます


新年が明けて、私の一番最初の個人サイトの【なるふぁんBBS】にて
魂の大親友で家族と感じておりますおじさんと野生人さんと野蛮人さんより
今年も愛に満ちた素敵なメッセージをいただきました。

私にとって、魂の家族や友と感じさせていただいている方々との
あたたかな心の交流は、深いところでのつながりを感じさせて頂く
と共に、私達が今回もこの地球に生まれてきた本当の意味を、
皆で思い出しているような、そんな気持ちがしています。


昨年11月初旬に、射手座木星期が始まったその直前に、
過去生からのご縁の入り口というようにも呼ばれるドラゴンヘッドが
獅子座から蟹座に移動して、ここから1年半ほどは、
蟹座ドラゴンヘッド〜山羊座ドラゴンテイルの時期が始まったことで、
魂の家族の皆様方との心の交流においても、より一層、
深いつながりや共感を感じておりました。

(昨年末12/23の蟹座の満月からこの山羊座の新月までは
私達皆の心の癒しや過去生からのカルマの解放などのクライマックス
の時でもあったようです。)

そして、この蟹座ドラゴンヘッド〜山羊座ドラゴンテイルの時期は、
家族や家庭や母性という蟹座的なテーマと、社会や仕事や父性といった
山羊座的なテーマが、深いところで人々の意識下に出てくるようで、
「家族と社会」「母性と父性」といった人類の大きな両性のテーマが
これからどのように愛と至福に満ちた統合と調和に向かってゆくのかが
私としては最も興味深く(私自身も蟹座ドラゴンヘッドの時に生まれている
いうことが分かり、自分自身の統合と調和を通じても)感じている次第です。


また、2019年は数秘術的には、
豊かな表現と創造的協力の12/3の年でもあります。

生きる喜び、人生の幸福、私達は皆、魂の計画を持って生まれてきた
偉大なクリエイターで、それぞれが本当に自分らしく自由に自然に
自らの存在と心から望む人生を表現しながら、そのような創造者同志の
大きな協力やネットワークも生まれてくるエキサイティングな年です。

今年の12月初旬までの射手座木星期とも相まって、
新しい愛の地球の大いなる創造のパワーとネットワークが
急速に拡大成長を遂げてゆきそうで、とってもワクワクしますね

昨年からの流れで、数秘術の他に、木星やドラゴンヘッドなどの
占星術的要素も交えた私的な見解を勝手に書かせていただきましたが、
今年は、私達の内なる心と社会や世界へ向けた外への表現の統合、
そして、私達の本当の内なる望みが物質化・現実化するというような
『愛の具現化』が焦点になるかと思います。


どちらにしても、この創造性あふれる12/3の年は
ときめきとワクワク感いっぱいな年になることは間違いないと思います

今日は、ご挨拶のつづきとここまでになりますが、
今後また、いろいろな角度から私達皆の大いなる愛の創造について
書きたいと思っています


Kickstarter 【Isehikari Amazake ☆ World Project】
https://www.kickstarter.com/projects/345678179/isehikari-amazake-world-project
ぜひご来訪いただけましたら幸いです(^^)/







昨年、ドラゴンヘッド&テイルのことを知って、
いつも急にブログのお話の途中に入れておりますが(^_^;)
そもそも、ドラゴンヘッドとは、
「地球から見た“太陽の軌道と月の軌道の交わる点”」
とのことです。

私の人生数秘術の中に融合したい占星学的要素としても
ドラゴンヘッド&テイルも注目して研究しておりますので、
また今後、これらもまとめて書きたいと思います

そして、昨年の11/7から約1年半、蟹座ドラゴンヘッド
〜山羊座ドラゴンテイルの時期に入っているとのことですが、
それ以前の蟹座ドラゴンヘッド〜山羊座ドラゴンテイルの
期間は、下記の時期の模様です。

1944.5.12〜1945.12.13
1962.12.24〜1964.8.25
1981.9.25〜1983.3.16
2000.4.10〜2001.10.12

↑これらの期間内にお誕生日があられる皆様は
蟹座ドラゴンヘッドのお仲間です〜
posted by narumi at 23:58| Comment(0) | narumi | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]