2020年04月10日

2020年の春に〜その2

親愛なる源のワケミタマの皆様

いつも大いなる宇宙の源の愛を分かち合わせていただき
本当にありがとうございます


先日のその1の続きを書きたいと思います


昨年末に誠君の父が意識不明になった際、最初に
誠君は、もっと出来ることがあったのでは…と泣いていたのですが、
私は、誠君は誠君らしく出来るかぎりのサポートをしていると思ったので
そんな風に思わなくていい、と言いました。

しかし私も、3月11日に父が天に還った日には、
私達がずっと本来の自然な健康を許容可能にするために
研究開発を続けてきたことが間に合わなかった無念さが
こみあげてきて、とめどなく涙が溢れました。

30年程前、私も育ての親の祖母を亡くした時には
1ヶ月くらい泣き続けて体調不良になってしまいましたので
(でも、この体調を崩したことがきっかけで自然食の道に入ることが
出来たので、本当に人生には何一つ無駄なことはないと思います)
年月を経て、今ここまで辿り着いたことを本当に感慨深く思います。


前回のブログにも少し書いていましたが、
これまでの私は、家族や親しい人達においては
「何としても、どんな手を使っても、死なせたくない」
という執着的な恐れの気持ちがあったのですが、
それは、幼少の頃に一緒に暮らした愛する祖母や祖父の
病気と死における強いコントラストを感じたことにおいて
自分が性格的にあまりにも辛く悲しんでしまうことが
原因だったように思います。

しかし、誠君の父が通常の顕在意識が無くなられて
新たな領域に入られたことを感じ、まさにそのお蔭で、
「物質世界での人生と生死は、それぞれの魂の尊い自由意志で
行われていること」を人生で初めて受け入れることが出来、
私も新しい領域に踏み出すことができました。


そして、誠君の父に温かい愛の御心をこめて千羽鶴を折って下さった
親愛なるちこさんに心からの感謝御礼のメールを送らせて頂いて、
その後、ちこさんから源の愛に満ち溢れたご返信をいただき、
そしてまた私からも返信させていただいておりました。

下記は、ちこさんと私とのメールのやりとりの一部なのですが、
これまで『心と身体と魂の統合調和のユニティハウス』への道として
ユニティハウスプロジェクトの皆でエイブラハムの高次元の教えを
学びながら取組んできたことが含まれていますので、
その一部をシェアさせていただきたいと思います。



ちこさんからのメール(抜粋)

「成美さん、ご連絡ありがとうございます。
お父様、源の世界に還られたのですね。
カラオケを、ご一緒させて頂いた事、想い出しておりました。
3月11日は、お父様の命日と言うことで、
更に忘れられない日になりました。

死という概念も、エイブラハム的に観れば、
ある人生から、次の人生に移り変わるだけ。
これからも、更に精妙で柔らかな霊的な交流を望めば
いつでもそれは可能なんですね。

ソースの視点で、いつでも幸福のエネルギーを注ぎ込んで
くださって、ずっと見守ってくださる事、それを感じられる事、
本当にありがたいです。

わたしも、いつかは、必ずそちらに還ります。
源の故郷へ。

死とは。

明晰で、熱意があり、たのしく、完全で、確信を持った価値ある情熱に燃え、
興味関心を持っている状態と同じなのだ。
それもかつてないほどに。

エイブラハムのおかげで、死のイメージがひっくり返りました。」



私からの返信(抜粋)

「親愛なるちこさん

あたたかな御心あふれるメールを本当にありがとうございます。

私も、ちこさんとご一緒に、誠君と誠君の父と私の母と
カラオケでとっても和やかで楽しい幸せなひとときを過ごせた
とても幸せな想い出を思い出しておりました。
ちこさんがご一緒して下さって皆とっても嬉しく思っておりました。

そして、ちこさんが
「死とは。
明晰で、熱意があり、たのしく、完全で、確信を持った価値ある情熱に燃え、
興味関心を持っている状態と同じなのだ。
それもかつてないほどに。」と書いてくださったこと。

今回、お父さんは物質世界を卒業される形で、源エネルギーと一体になられましたが、

今、私達は大変容の時を迎えて、

この身体、この肉体を持ったままで

『肉体に宿った魂』として

「明晰で、熱意があり、たのしく、完全で、確信を持った価値ある情熱に燃え、
興味関心を持っている状態。それもかつてないほどに。」

生きてゆける時がやってきました!!!!!!!!


源の愛のエネルギーは、

いわば、「見えない世界のあの世のエネルギー」です。

だから、エイブラハムは完全に死んでいる(存在である)・・・と

エイブラハム自身で言っていますが(^_^;)

物質世界的な目では「死」のあの世の源エネルギーが

この世の身体・肉体に流れるままになることが

「肉体に宿った源」そのものの存在になるということで、

心と身体と魂の統合と調和【ユニティ】ということです


誠君のお父さんは肉体を脱ぎ捨てられることで

源と一体化される道を、最終的に選択されましたが、

この地球の大変容の時をめがけて生まれてきた私達は

今ここで、内なる存在と一体化して生命の喜び溢れて生きてゆくことで

愛する地球をあたたかな愛と光で照らして

役立つ時がやってきました



親愛なるちこさん、魂の妹のようなちこさん。

愛の新生地球の幕開けが近づいておりますので(*^_^*)

今はこれまで以上に自分に温かく優しく源の愛を受け入れて

(私も、内気とか遠慮とか、まだ抵抗になっていたものを
さらに手放すことに取組んでいます♪

また、心身の抵抗(身体に溜まっている潜在意識の抵抗も含めて)
を手放すのに役立つものの最新の研究の報告を
皆さんにぜひお知らせしたいと思います!)

さらにさらに幸せに生きてゆきましょうね」



ちこさんからのご返信(抜粋)

「成美さん、素晴らしいメッセージをありがとうございます。
おっしゃる通り。
この大変容の時代に、一番最適な年齢を選んで生まれてきたんですね。
その事に、気づけて本当に嬉しく思います。^ - ^

エイブラハムも、言ってくれているように

わたし達は大騒ぎし過ぎている。
もっとシンプルに
気を楽にして
ホッとすることを探して
リラックスして
自分に優しく
楽しいと感じる事をして
創造のボルテックスの中に入ればいい

特に自分に優しく。
をとても大切に意識しています。

幸せとは、
見えない世界のわたし自身と調和すること。

ソースの視点から見れば、きっとこう言ってくれてるんだろうなぁと
云う事を自分に語りかけています。^ - ^

すべてわたしの内にあったんですね。
そうだ。
ここにもどったらいいだけだったって。

静寂の大安心の中で、湧いてきた気持ちを大切に叶えてあげようと
動いています。
今日もわたしの観たい世界をみて、喜びの中で過ごせました。
ありがとう。ありがとう。ありがとう。」



ユニティハウスプロジェクトのエンジェルパートナーであり
博愛溢れる水瓶座の愛の天女のライフナンバー6のちこさんと
愛、源、生死、幸せ、調和、新生地球幕開けへの準備のことなど
やりとりが出来てとてもとても嬉しく思いました

また、↑私からのちこさんへの返信の中で書いていますが、
心身の抵抗(身体に溜まっている潜在意識の抵抗も含めて)を
手放すのに役立つものの私の最新の研究のご報告や
進化型自然食の新型ウイルス対策のことなど
また引き続きその3に書きたいと思います



posted by narumi at 23:59| Comment(0) | narumi | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]