2014年07月09日

愛と夢あふれる泉の如く その1

いつもありがとうございます(*^_^*)

7月に入り、梅雨に加えて台風もやってきていますが
みなさま、いかがお過ごしでしょうか。
(この文章を先週書き出してから、いろいろな出来事があって
少し中断していましたが、今日また続きを書きました(*^_^*))


先日、集団的自衛権の行使容認が閣議決定されたということで
誠君と少し話をしていました。

誠君はこのことに関して、最初は葛藤を感じていたようですが
その後、「憲法9条にノーベル平和賞を」という署名の取組み
http://chn.ge/1bNX7Hbに賛同することで、今の時点での
彼なりのスタンスを考えていました。

私はというと、正直なところ、
最初はあまりの違和感のために、少々気が遠くなりました(苦笑)

2010年〜2015年の間、特に重要な意識のシフトの時機に
なぜこのようなことが起こっているのだろう…と思ったのですが、
やはり今年は、宇宙の深遠なる智慧と繋がり精神性を高める7の年、
自分なりにスピリチュアルな意味での考察をしたいと思います。



わたしたちは、なぜ、今ここに、生きているのでしょう。


元々は、大いなる宇宙の源ーワンネスの宇宙に溶け込んでいて
そして、その宇宙から生まれた分身、源の分け御霊の魂として
それぞれの選択した物質的な肉体に宿り、今、この地球にいます。


それでは・・・
なぜ、私達は、ひとりひとり全く違う個性を持った人間として
地球の様々な国々やいろいろな場所に生まれているのでしょう?

それは、多様性の中から、それぞれの望む拡大の方向を選択し、
個別化・個性化することで自らの愛にかたちを与えて具現化して
その素晴らしさを輝かせるために、今ここにいるように思います。

そして、それぞれの違いの美しさを尊び、喜び、愛し合うためにも
今ここにいるように思うのです。


唯ひとつの世界、ワンネスの世界では感じることができない喜び、
それは「違いの美しさを知る喜び」「素晴らしい個性化の喜び」
「自らの愛を自由に具現化しながら、ワクワク拡大成長する喜び」
ではないでしょうか。


ここで思うのは、誰しも皆、魂のレベルではこういったことは、
当然ふまえて(というか知っていて)個別化して存在しているのに
そのせっかくの喜びのモトが、争いのモトとなっていたりします。

そもそも、集団的自衛権ということ自体(プーな自分の解釈ですが)
戦いと争いを前提として身を守るという分離の時代的な発想のようで
統合調和のユニティの時代には、不要なことのように思うのですが、
こういったことの奥底にはやはり、「スピリチュアリティの欠如」と
「自分を愛することへの欠乏感」があるように思いました。

(ちなみに、エイブラハムやバシャールの高次元存在の方々の政治や戦争
に関する解答というか教えは、大変素晴らしく興味深いものがありますが、
ここに掲載しているととっても長くなりますので、また次の機会に
書きたいと思います)


又、以前からよく思っていたのですが、オリンピックやスポーツでも
自国の勝ち負けになぜそんなにこだわるんだろう・・・?という
(私にとっての)素朴な疑問があります。

物質世界的な帰属意識というものがあって、
今の自分がいる国に愛着があるのだと思うのですが、ここでも、
自分を高く評価していないと他者を高く評価できないのと一緒で
自国(今回の人生で自分で選んで生まれてきた国)の素晴らしさを
本当の意味で高く評価していないと、他国の素晴らしさも高く評価
できないということが、どこかにあるかもと思います。

(以前、魂科医の越智啓子先生に教えて頂いた)私の過去生でも、
アメリカ(インディアン)の時やフランスの未亡人(果樹園を眺めて
いたそうです)の時の人生のことをお聞きしたのですが、私の場合も
それらの人生以外にも沢山の過去生を生きてきたように思います。

そして、まさに、その様々な国のいろいろな過去生があったお蔭で、
今回の人生のテーマがあり、喜んで日本に生まれてきたと思います。

みなさんそれぞれに、こういった幾多の思い出深い過去生があって
今回の人生でも、自らの魂が望んだ国に生まれていると思いますので、
もうそろそろ、帰属意識も「地球星に住む人」としての感覚が
より新しいスタンダードになったらいいな♪と思います。


先日からそんなことを考えていましたが、
いつもユニセフから送られてくるメールマガジンでは
(これは6月中から想っていたことですが)
この地球星での豊かな水の恩恵、あふれる水の恵みについて
あらためて心に想うことがありました。

http://www.unicef.or.jp/special/14sum/
↑メルマガとこのページを拝見して、
途上国の国では、毎日の生活に必要な水を汲みに行くのに
小さな子どもたちが平均6Kmという長い道のりを歩いていること、
その上、その大変な重労働で手に入れるのは、茶色くにごった水。。。
というリアリティが心に迫りました。

ユニセフから送付される冊子やメルマガはその都度拝見していますが、
先日あらためて、このページをじっと見ていて、
村々にきれいな水を届ける「手押しポンプ付き井戸の器材一基分」
が、15,000円の支援で実現出来るということが、
ものすごく価値あるお金の使い方という気がしました。 

これらの支援活動におけるユニセフの基本的な考え方も
【子どもたちの命と健康を守るためには、
きれいな水が身近な場所で手に入るようにすることが何より大切です。
100ヵ国以上で水と衛生の活動を行うユニセフが今、力を入れているのは、
途上国の村や学校に井戸を設置すること。
井戸ができた村々では、子どもたちが元気になり、衛生意識が高まり、
女子の就学率が上がるなど、子どもたちの未来も大きく開けています。】
とのこと(ユニセフのお知らせ文より抜粋)で、
これらの井戸が設置されることで、生活環境が改善されるだけでなく、
途上国に暮らす子どもたちの未来の大きな創造の可能性が開けることが
アピールされています。

上記のユニセフの特設ページで、
手押しポンプの簡素な井戸から流れ出る、透明なあふれる水を手に受け、
満面の笑顔で喜びに満ちて水とふれあっている女の子を見ていると、
何かあまりに、そのポンプや井戸のリアリティと、夢のように綺麗な水が
出てくる喜びがイキイキ溢れて感じられ、まるで、自分自身もこの途上国の
子どもとして生きた過去生のことも思い出されるような気がしてきます。

そして、この簡素で役立つ、ワクワクする素晴らしい井戸があることで、
子どもたちが毎日の水くみに費やしていた時間とエネルギーが解放されて
本来の創造者としての可能性が飛躍的に高まることが感じられました。

この途上国に簡易な井戸を設置する支援は、これまでも沢山の方々が
参加され、いろいろと活動をされてきたことと思いますが、
この支援活動の素晴らしさは、地球というひとつのコミュニティの中で、
溢れる豊かな水の恩恵への純粋な喜びを思い出させてくれることと、
創造者としての可能性を分かち合える喜びがあること、だと思います。


これまでは、本当にささやかながら、弊社のオーガニックコットン製品の
ナチュラルファンタジーのサシェ作りなどを通じてのユニセフ支援活動を
させて頂いていましたが、このことを拝見してから、もっとダイレクトに、
もっと自然に、自分のワケミタマらしさとユニティらしさを表現しながら
こういった支援とも繋げて活動してゆきたい…との思いがあふれてきました。

そして今、春から自分の中で次第に明確になってきている講演活動のことと、
このユニセフの支援活動を、ぜひ今後、繋げていきたいと思っています。

又、このことでぜひ、魂のご縁の皆様に呼びかけ募らせて頂きたいことが
ありますので、この続きをまた近々書きたいと思っています(^^)/

2014hana2.jpg
↑6月の名残の、雨にぬれた小さな紫陽花



posted by narumi at 22:48| Comment(0) | Spiritual | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月10日

今、わたしたちは A

前回(今、わたしたちは @)
意識のシフトの橋を今渡りつつある
わたしたちのことを書きました。

もう10年以上も前から
いつか、このような大転換の時機が来ることを
知っていらっしゃった方々はおられると
思いますが、今は、本当に多くの人々が
実感として、大きな変化の只中にいること
(たとえそれが何なのか分からなくても)
を感じていらっしゃると思います。

その中で、今の現実を見渡してみる時、
気持ちが暗くなってしまうような出来事が
あまりに沢山溢れていることを見てしまうと、
わたしたちは、悲しみや無力感に包まれたり
または怒りや憤りを感じて反対を唱えたり、
ネガティブな反応をしてしまいます。

この変容の中で、既に起こってしまったことや
今実際に起こっている【望まないこと】に
焦点を当てている時、わたしたちを落胆させる
望んでもいない現実にスポットライトが当たってしまい、
それゆえに、それがゆえに、その望まないことが
さらに拡大され現実化されていくことを
引き寄せの法則(のエイブラハム)は
教えてくれています。

「望まないことに反対を唱えること」は
まさにそれを維持継続し拡大させてしまうこと。
(まったくそんなつもりはないのに・・・)

マザー・テレサの有名な言葉で
『戦争反対の集会には、私は出席しません。
平和のための集会を開くのでしたら、
私を招待してください』という逸話がありますが、
本当に望むことの方向に焦点を当てて
その方向へと意識とエネルギーを注ぐことが
どれほど大切かが分かります。

このことを本当に理解してマスターするのは
やはり意識的な気づきと練習が必要だと思いますが
(私も日々練習しています(*^_^*))
これからわたしたちが本当の意味で
“心から望む人生と世界を創造する者”として
生きてゆく時に、とても大切なところだと思います。


先日から、私自身も、今の社会の現実を見渡し
具体的に大きなコントラストを感じることについて
意識的に転換を試みていました。
そして、「望まない」と感じることから
「本当に望むこと」を割り出してみました。

これは、私の個人的な捉え方による
心の内で試みた『意識の転換』の話なのですが、
これもまた1人の人間の意識のシフトの一例として、
できるだけオープンに書いてみたいと思います。


************************
【放射能問題について、私が本当に望むこと】


311の大震災より、原発の放射能問題では
大気中の放射性物質の飛散や海の汚染が
人々の心に悲痛な恐れや不安を投げかけました。

福島原発で未だ作業に当たられる方々をはじめ
近隣に暮らす方々や避難をされた方々、
あまりに広範囲に渡る様々な被害が生じて
いる現状を思う時、誰しも皆、心が苦しみ
と悲しみでいっぱいになります。

また最近では、食品における放射性物質も
大きな不安と波紋を呼んでいます。

それに対応し、現在、自然食系の生協などでは
取扱商品におけるセシウムなど放射性物質の値を
自主測定したものは、紙面にて公表されています。

商品を販売している誌面では、一部の生産者の
方々より、現況や測定値の報告と一緒に
真摯なメッセージも掲載されていました。

しかし、一般的な食品スーパーなどでは
放射能の測定値や生産者からのメッセージ等は
あまり期待できない状態だと思います。

被災地の生産者の方々を応援したい気持ちは
多くの人々が持っていると思いますが、
様々なスタンスで販売されている食品にも
正直、迷いや葛藤を感じてしまう時があります。

このような時、一体、どのような気持ちで
どのような考え方で、どのような選択を
してゆけばよいのでしょう。。。





〜私の気持ちの転換ストーリー〜

●大気の放射性物質や海の汚染に始まり、
食品の汚染が広がっている今、沢山の人々が
大きな不安とストレスを感じて暮らしている。

●私の家族は私と夫だけだが、子どもたちが
いるご家庭などでは、食品や日常生活の必需品の
選択にも迷うことが多いのではないかと思う。

●東北の生産者の方々は大変なご苦労をされて
いるだろう。でも、葛藤や迷いを感じる気持ちの
まま商品を購入するのもすっきりしない。

●福島のお母さんのお話を聞く講演会も
行われていて、国や電力会社に訴えておられる
お声を聞くと、本当に心が痛む。しかし、
あえてここでしっかりと意識的に考えてみると
国や電力会社に訴えるだけではなく、
実際的に福島を中心とする地域の方々の生活が
ホッと安心する方向へ改善されてゆくことが
何よりも大切なことではないだろうかと思う。
その為には、望まないことに反対するのではなく、
【本当に望むこと】や【改善の方向】に
意識とエネルギーを向けなければならないと思う。

●原発に関するある講演者の方の談話で
原発を作った時代の今の50〜60代の人たちが
責任を取ってそういった作物を食べるべきという
考え方もある、との話が載っていたが、
その考え方には大変違和感を感じた。

そのような考えで作物を食べて、
幸せな気持ちになる人はいないだろうと思う。
誰も皆、そのような自虐的な選択をする必要は
絶対ないと思うし、そのような選択をしても
誰の役にも立たないと思われる。
(私的な考えだが、今は子どもである人々も
かつての過去生では、多分、大人として生きて
暮らした時期もあるのだから、今の大人だけが
責任を取るというのも、おかしいように思う。
そして、かつて日本人として暮らしたことがある
魂達は、世界中に存在しているように思う。)

誰もが皆、喜び溢れた人生を生きるために
この世界に生まれてきたのだから、
食べ物を頂く時には、生命ある作物を頂くこと
に心から喜びを感じて幸せな食事をしたいと思う。

●そうすると、農産物や海産物はじめ、
食品に放射性物質が検出されたもの、又、
土壌が汚染されている問題等について
「解決」の方向に向かえば良いのだと思う。
(人間世界で「無理」と思い込んでいる
常識の枠やしがらみを超えて考えてみる)

●一般のニュースにはほとんど出てこない情報だと
思うが、今の時点で、私にも届いている情報では、
微生物や酵素や焼塩やフルボ酸やラジウム鉱石等を
活用して、もはや放射能を恐れずに暮らしていける
沢山の智慧があり、これまでの実例や事例などまで
多々紹介され、小冊子やクチコミやインターネット
を通して、それが波動的に受け入れられる方々へと
(引き寄せの法則で)広まっていっている。

●その上、放射能の値を低減および消去できる技術が
もう既に複数存在するということ。
こういうことは以前から研究開発されていたようだが、
国や大きな企業などには、様々な理由で
受け入れられなかったらしい。
(それは多分、波動的に合わないので
受け入れられなかっただけのことではないかと思う。)

●このような宇宙の真理と繋がるような智慧や
最新の最先端のスーパーナチュラルな技術の存在が、
あることは、本当に凄い、素晴らしいことである。

そして、本当はまず真っ先に、このような情報が
福島や近隣の放射能が懸念される地域の方々へと
伝わって、実際に生活に取り入れられるように
なることを、心から願う。
(このことは是非、ユニティハウスプロジェクト
でも取り組みたいと思う)

●その他、私的にひとつ思い浮かんだことは、
今後、意識の高い企業なりお店なり(生活者と
同じ視点を共有し、オープンな形で販売できる
という意味では、お店の形がベストだと思う)が、
放射能が懸念されるの農産物や海産物に対しては
一旦測定値を出した後、セシウムなどの値が
検出された物に対しては上記のような最新技術
を用いて無害化し、その後、加工食品などに
製造して、その経緯をきちんと公表しながら
メッセージを添えて販売していくこと。

今、沢山の自然の智慧や最新技術が、その波動と
同調する方々の元で、個々の判断と選択によって
各人、各家庭の場で活かされようとしているが、
今後、意識の高い開かれたお店という「場」で
より明晰で明確なメッセージと共に伝えられて
体現されることが、1つのプレゼンテーション
になるのではないかと思う。

●その他、フリーエネルギーまでもが
実用化の段階に入っているということも聞いた。
(このフリーエネルギーが実際に活用されると
原発はおろか、太陽光発電すら必要なくなる
らしい。)これは、本当に素晴らしいニュースだ。

●今の時点でも、こういった未来の明るい希望が
感じられる最先端の本物技術やエネルギーが
既に創造されているのだから、これからの
心と身体と魂の統合調和のユニティの時代には
沢山の人々の願い(本当の望み)に応えて
もっともっと素晴らしいことが生み出され
実現してゆくように思える。

●波動が上がれば、放射能の影響を受けない
というスピリチュアルな人々の考え方があり
それもある意味、納得できる。
(エイブラハムやバシャールなどの高次元の
存在たちは、今の人類のような形では影響を
受けないように思うからだ。)

●やはり、放射能の問題に対しても、まず
わたしたちの源の波動と調和していく方向で
愛と感謝、未来への希望を感じる気持ちに
なることが、一番大切なのではないかと思う。

●(これはちょっと余談であるが)
少し以前、2人の友人から聞いた話で、
同じような病気になった方々が、意識と選択に
よって全く違う方向へと向かっていかれたことを
如実に感じることがあった。

ひとりの方は、事情により手術をしないで
最先端の自然療法の数々を受ける選択をされて、
お話を聞きながら取り組んでおられるうちに
「もう、これは絶対治るわ〜」と確信された後、
2ケ月で完治されたとのこと。
一方、もうひとりの方は手術と放射線療法を
受けた後、皆に応援されて療養されているのだが、
「これは恐ろしい病気だ」との思いが強まって
周りの方々へもそういったことを
投げかけてしまっておられるとのこと。

これもまた、意識と焦点を定めるポイントの
違いによって、向かってゆく方向が正反対に
なってしまうことを現しているように思える。

そして、まず自分自身が明るい気持ちになり
希望が感じられる選択をすることで、
周りへも自然に希望が広がってゆくことを
教えてくれているように思う。

●転換の途上では、これまでの常識やしがらみ
や思い込み等、捨てなければいけないものは
沢山あるだろうが、ひとつ、またひとつと、
かけがえのない気づきがあるたびに、
素直な心で手放していきたい。

●又先日、原発の賛成反対の国民投票を
みんなで決めようという運動の趣旨を再確認し
大事なことをオープンな意思決定をしようという
「望むこと」に焦点を当てている取組みの姿勢に
私も大変共感を感じた。
今後、こういった動きが増えて注目も集まると思う
し、各人が「望むこと」にエネルギーを注ぐことで
状況がどんどん良くなっていってほしい。

●このように考えていくと、現状の出来事の中に
わたしたちの存在状態を高めてくれる肯定的な意味
が感じられ、目には見えない源の魂の世界と
目に見える生活の世界を繋いでゆく「橋」が
架け渡されてゆくのが観えてくる。

●わたしたちがこの世界で体験することの全て、
多くのコントラストや望まないことも皆全て、
長い目で観ると、わたしたちの意識と波動を
高めさせてくれていることを感じる。

●いつか、やがては、放射能の問題でさえも
わたしたちが「問題」と思わなくなる時が
来るのではないかと思う。

●沢山の人々の波動が高まり、心から望むことに
自然に焦点とエネルギーが集まるようになると、
インスピレーションも強まり、そこからさらに
素晴らしいアイディアと新たなヴィジョンが
誕生してくるように思われる。

●わたしたちはきっと、このプロセスの途上で
意識のシフトを経験しながら、大きなハードルを
乗り超え、未曾有の難問にも源の愛の光を見出して、
統合調和の時代へと流れに乗っていくことだろう。

************************


今回、ここまでが、
私の気持ちの転換ストーリーでした。
(この続きのシフトについては、又、
そのBで書きたいと思います(*^_^*))


今夜は、射手座の満月。
(しかも、皆既月食です●!)

射手座の得意分野は
自由、宇宙の真理の探求、直感、冒険。

この満月に、素晴らしい未来の地球の姿に
沢山のエネルギーが注がれますように。

親愛なる地球の同胞の方々へ
心より愛と感謝をこめて。

2011aki7.jpg
↑万葉の森の奥のお寺の真紅の南天

posted by narumi at 23:07| Comment(0) | Spiritual | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月01日

瞑想のお話♪その1『瞑想は自己ヒーリング』

今日から11月ですね(*^_^*)

最近、土日のお天気がもうひとつで
休日に楽しく自然の散策に出かけられなかったのが
ちょっと残念でした。。。

でもそんな時こそ!ホントは年末に向けて
ゆっくりお家や事務所の整理整頓をするチャンス?
かも・・と思うのですが、なんとか季節の衣服の入れ替え
に取りかかっているうちに一日が終わってしまいやすい私です。
(時間を無視してしまうエニアグラム4のタイプの性格の為(^^ゞ)



さて。。。今日はようやく瞑想のお話です♪
(前置きから、はや数ヶ月・・・・・汗)


今回のテーマは・・・
『瞑想は自己ヒーリング』。


私にとって、毎日の瞑想は、
一日のタイムスケジュールの中でも
食事やお風呂や仕事の時間と同じように、
なくてはならないもの・・・になっています。

いつのまにか、私にとって“楽しい日課”
となっているこの「瞑想」ですが、
やはり「瞑想」というからには実際、
“見えない世界(魂)と交流している”のに
だんだんと、これが本当に自然なことに思えてきて
美味しい食事を楽しむように“とても日常的な感覚”
になってきています。


たとえば、お腹がすいた時、
美味しい食事を頂くと、と〜っても幸せになって満たされますね。

たとえば、身体が疲れた時、
温かいお風呂に入ると、すご〜〜くジーンとしてホッとしますね。

これって、日常的かつ本能的な欲求に対応している
当たり前のことのようですが、
これも本質的には生命エネルギーをリフレッシュする
『日々の自己ヒーリング』なのではないかと思います。

そういう意味でも、私の毎日の瞑想タイムは
柔らかで精妙な、とっても心地良いエネルギーを感じる
大好きな『日々の自己ヒーリング』の時間と言えると思います。


特に、心が様々なことで疲れたり混乱してしまった時、
身体がその心の影響を受けて無理をしてしまっている時、
心と身体と魂のエネルギーの交流であるシンプルな瞑想を通して
とてもリフレッシュすることが出来ることを
実感してきました。

これは、その時の心が抵抗していることや重荷を手放して
魂のエネルギー(見えない世界の源エネルギー)を
空白の状態で受け入れる(受けとる)ことによって
最も自然な癒しのプロセスが行われて
心身のエネルギーの流れも良くなるからだと思います。

「魂の自分と調和する」ということにおいて
瞑想は、最もシンプルかつ効果的な方法のひとつ
ではないかと思います。


「本当の自分を生きる」冊子に
私流の瞑想の手順を詳しく書かせて頂いているのですが、
http://www.unity-house.net/unity/natural&spiritualbooks.htm

朝、目覚めてから瞑想に入る前に
私流のちょっとした準備をしてから、
瞑想の時間を20分〜1時間ほど取っています。

日によって、心の中がスッキリしない時や
身体が疲れているように感じる時などは
1時間位じっくり瞑想の時間を取っています。
(そういう時は、自然にそのくらいの時間になってます(^^♪)

そうすると、その後の予定もできるだけ良い気分で
過ごせたり、イメージやインスピレーションも
湧きやすい状態になるように感じるのです。


日々の中に、瞑想という優しい自然な
自己ヒーリングの時間を取り入れることで、
少しずつ自分の意識が変わってゆくことを感じたり
見えない世界の魂のエネルギーが
とても自然に感じられるようになることは
本当に素敵なことだと思います。。。


今日はこれだけですが
瞑想のこと、又少しずつ書いていきますね(*^_^*)♪
posted by narumi at 22:15| Comment(0) | Spiritual | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月15日

コンシャス・コンバージェンス

既にご存知の皆様もいらっしゃると思いますが
マヤ暦研究家の科学者カール・コールマン博士が
提唱されている【コンシャス・コンバージェンス】
が、今週末の7/17〜18日。

地球のエネルギー的な変化も
今年の6月位から特に著しいようですが
このコンシャス・コンバージェンスの日より
統合意識(ユニティコンシャスネス)の微風が吹き始め
意識のシフトが次第に加速してゆくと述べられています。

コールマン博士のこれらの情報を
私は、VOICEさんからの情報誌で知ったのですが
↓VOICEさんのHPにもページがありましたので、ご参考までに。
http://www.voice-inc.co.jp/content/book/609


コールマン博士の統合意識(一体意識と訳されていました)
についての見解を興味深く読ませて頂きましたが
私にとっては、「統合意識」からすぐ想うのが
「心と身体と魂の統合と調和」です。
(やっぱりユニティの会社のテーマなので・・(*^_^*))


それにしても
統合の時代、本当の自分を生きる時代が
どんどん本格化していくのだなぁ!と思います。

これから統合意識で生きる人々が多くなれば
地球全体の波動にも、素晴らしい影響を
与えられるようになると思います。

でも、まだ悩んでたり、躊躇ってたり、
ぐずぐずしていることがあっても・・・・
このコンシャス・コンバージェンスの機会を生かして
共に超えてゆきましょう〜〜〜〜〜

新たに心躍るように成長してゆく自分と
日々ワクワク出逢うために。。。


P.S
近々、「本当の自分を生きる」冊子を
電子書籍の形でも販売させていただく予定でおります♪
どうぞお楽しみに\(^o^)/

posted by narumi at 21:39| Comment(0) | Spiritual | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月12日

瞑想序話

さて、瞑想序話です。
(なんだか大袈裟な感じですが(^^ゞ)


自分なりに“瞑想”なるものを始めてから
かれこれ15年以上経つように思います。


瞑想との一番初めの出逢いは
スピリチュアルなワークショップの瞑想タイム
だったように思いますが、
これは「静かに自分の心を見つめる時間」
のように受け取っていました。
家に帰って一人でそのような瞑想タイムを
持つことはありましたが、どちらかというと
瞑想というよりも、内省の時間といえるものだったと思います。


その後、自己流で始めた瞑想の変遷は
【本当の自分を生きる】冊子の
「この世で魂のエネルギーを体感する瞑想」という
章で詳しく書かせていただいたのですが、
私が本格的に瞑想を始めるきっかけとなったのは
玄米菜食と塩浴を実践しているうちに
思いがけず、いろいろな現象が起きてきて
(エネルギーにすごく敏感になり、白い光が見えたり
小さな竜巻のような螺旋のエネルギーを感じ出したりして)
最初はひとりですごくビクビク怖れていたのですが、
「空の会」という気功教室に通い始めたことがきっかけで
今まで知らなかった「気」の世界にふれあって
そのお蔭で怖れも少し和らいできて
今度はそれをもっと見極めたい気持ちが
ムクムクと湧いてきたことからでした。


そして、スピリチュアルな本や学びを通じて
気の世界や見えない世界を探求し始めたのですが
その中でいつしか
「宇宙エネルギーを実感したい」という望みが
自分の中ではっきりしてきたように思います。


またその後、
不思議研究所のもりけんさん(森田健さん)との
出逢いのお蔭で、米国モンロー研究所のヘミシンクを
知ることができました。早速フォーカスCD等も購入して
そういった瞑想に励んでいた時期もありました。
(今、このヘミシンクシリーズは
京都のTHDさんでもお取扱いされています)


私はヘミシンクを聴いて体脱は出来なかったのですが
(できないというより、その頃、体脱はなんとなく
心から望めなかったように思います)
でもそれで、「私は、体を抜ける体験よりも、
この肉体を持ったまま、宇宙エネルギーと融合したい」
という自分の気持ちにも気づいていったように思います。

(今後またいつか、体脱というテーマが
自分の中で浮上してくるのか?は分かりませんが・・・)


その後、又いろいろな体験を経ながら
自己流の瞑想を続けているうちに
ある夜、身体の各箇所の感覚が消えてきて
身体の内部が全部宇宙になったような感覚を
覚えたことがありました。


↓その時の感想。
「うわぁ・・・!!! 自由って、震えがくるみたい・・・」


ワクワクを通り越して、震えるほどの自由。
そんなことはあまり考えたこともなかったのですが、
宇宙の本当の自由を、この時、ほんの少〜し
垣間見たような気持ちになりました。


その後も、私の瞑想は続いてゆくのですが
元々、怖がり故にオカルトっぽいものなどは極力さけて
生きてきた私が、このように極めて積極的に瞑想を続けてきたのは
ひとえに「宇宙のエネルギーとふれあいたい」との
強い望みからだと思います。


又、ずっと「惹かれるのにまだ怖い(苦笑)」状態も
自分なりに徐々には乗りこえていっていたのですが、
それが決定的に「OK!!」という気持ちになれたのは
やはりエイブラハムの本のお蔭だと思います。

引き寄せの法則の本の中で
自分の内なる存在(魂)と繋がる瞑想のことが
勧められているくだりを読んだ時、
自分が日々行っている瞑想、その時感じているエネルギーが
あまりにその通りに明瞭に書かれていたので
とても驚いたのです。

「えぇ〜〜ホントに!?〜〜これでいいんだぁ♪」

宇宙の見えない世界の存在である
エイブラハムの瞑想の説明にふれた時
心から素直に頷けるものを感じたのです。


エイブラハムのお蔭で、見えない世界に対する
怖さは、ほぼ完全に無くなりました。
それで、その後は心から安心して(*^_^*)
日々瞑想に取り組んでいます。

(今のスタイルは、朝起きてすぐ瞑想していて
食事をしたり散歩をするのと同様に
宇宙の見えない世界の魂のエネルギーを
とても身近に感じられるようになりました)


序話は一応これで終わりなのですが
これから又、日々の瞑想の徒然話や気づきなど
少しずつ書いていきたいと思っています。

(皆様がご自分の瞑想に取り組まれる際に
何かのご参考になれば、とっても嬉しいです♪)


あっ、今夜は、双子座の新月ですね(*^_^*)
機知に富み、コミュニケーションを司る双子座。
今、天王星と木星が牡羊座に入っている革新の時期に
どのような新しいインスピレーションと出逢いを
もたらしてくれるでしょうか?

わたしたちの、宇宙のすべての存在たちの
心と身体と魂の素晴らしい交流が
ますます豊かに盛んになりますように☆☆

posted by narumi at 22:22| Comment(0) | Spiritual | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月05日

今、思うこと。

今年も半ばになりましたが
最近世の中で起こっていることでは
本当にいろいろと考えさせられることが多いですね。


それで・・・
前回書いていた瞑想序話は
来週にゆっくり書かせていただくことにして
今日は「今、思うこと」を
少し書きたいと思います。



今、生きている人々の
各々の意識の核心に迫るような
大いなる変容のエネルギーが
さらに日増しに強まっているように感じられます。


日本や世界で起こっている「問題」を見る時、
その「解答」と言えるような納得できる答えは
もはや、これまで通りの意識のままでは
出せないように感じられます。


私が入っている幸塾のメーリングリストで
春からの宮崎口蹄疫のことに関しても
多くの方々から深い感情を伴った意見が出されていて
それを読ませて頂いて、私も夫と共に話し合っていました。


しかし、今起こっている一連のことを深く捉える時、
わたしたち人間は、どういう存在であるのか、
なぜ今ここ(地球)に存在して生きているのか・・・
ということ抜きには考えられないように思います。


ここ数年、世の中を見渡す時に
考えさせられることは沢山沢山あります。


でもこのことは
引き寄せの法則のエイブラハム流に言うならば
“大きなコントラスト(対比)が感じられる状況にある”
ということなのではないかと、思います。


私たちに「つらい」「悲しい」「苦しい」
気持ちを感じさせるようなことが起こる時、
その時、まさに、まさに、まさに、
ものすごく大きなコントラストを通して
「望まないこと」から「望むこと」が
はっきり分かるようになるのだと思います。


「わたしたちが本当に望む未来」は
たとえ望まないことが起こっている現実の中でも
今、刻々と、次々と、生み出されている・・・


後は、わたしたちが
その「本当に望む未来」を選択する意志を持ち、
希望を感じ、心から喜び、受け入れて
その実現を阻み抵抗するものを静かに手放していく
ことかな・・と思います。


今、大いなる変容の途上で
私たちが大きな苦悩を感じる時、
同時に、大きな希望が生み出されていること。


(わたしたちはこの地球に
幾度も幾度も生まれ変わりながら生き続け
ずっとずっと、より素晴らしい未来を望みながら
学びつつ創造してきたのですから・・・)



今、このことを日々考えています。



又、ここ最近読んでいる非常に素晴らしい2冊の本

「エイブラハムの本」
(理想のパートナーと引き寄せの法則
幸せな人間関係とセクシュアリティをもたらす「ヴォルテックス」
著者:ヒックスご夫妻 エスター・ヒックス&ジェリー・ヒックス

「バシャールの本」(「未来は、えらべる!」
著者:バシャール(チャネル→ダリル・アンカさん)本田健さん)

愛すべき高次元の教師であり友である
エイブラハムとバシャールについて
自分なりの見解で
ぜひ後日ふれたいと思います。

posted by narumi at 22:15| Comment(0) | Spiritual | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月13日

母の日♪父の日

5月のゴールデンウィーク、母の日
いかがお過ごしでしたでしょうか。


わたしたちの母の日は
「今、母たち(主人の母と実家の母)は
どんな気分で、どんなものがいいかなぁ〜」と
毎年、夫とふたりで結構悩んだりするのですが
最終的には「今年はコレとコレっって感じ♪」
と納得するところに落ち着いて、ホッとします。

そうして、母の日当日
プレゼントをものすご〜〜く喜んでくれて
はしゃいだり感謝してくれたりしている
母たちから電話がかかってきて
こちらのほうがホントにホントに有難くなって
あらためて母たちに感謝しています。


そして来月は父の日。
父の日のほうが、なんとなく
プレゼント選びは難しいのですが(^^ゞ
元気にしてくれている父たちにプレゼントを贈れる
ことが、ホントは一番有難いことかなと思います。



そして前回、
私が大好きな日課のように毎日続けている
「瞑想」について書きますネ・・と書いていたのですが
そもそも、なんで今のように毎日瞑想するようになったのか?
っていう経緯から、ちょっと書きたいと思います。
(次回は、瞑想序話です!)


明日は、牡牛座の新月。
天秤座と共にヴィーナスの金星を守護星とする牡牛座は
本来、豊かな自然と3次元の物質世界の幸福を
喜び、楽しみ、あますところなく享受することを
教えてくれているようです。

わたしもあなたも
今こうして此処に生きていることを
心から素直な気持ちで楽しみたいですね(*^_^*)

では又☆

kibionigiri.jpg
↑大好きなモチキビ入りご飯の
おにぎり&びわの葉茶♪
(文章とはあんまり関係ないですが・・・笑
 モチキビ大好き、美味しい〜〜〜!!)
posted by narumi at 21:09| Comment(0) | Spiritual | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月28日

『新たな川下りを楽しみたい』

引き寄せの法則のエイブラハムの本のシリーズには
「川下り」という言葉がよく出てきます。

それはこんな感じです。
(端折って要約して書いていますので
詳しくはエイブラハムのご本をご覧下さいね)


“わたしたちは、創造者として、生命の川の流れに乗り
 川下りを楽しむために、この世に生まれてきた。

 人生で望まないことやコントラストが起こると
 そのたびごとに願望が生まれ、望みが明らかになる。

 わたしたちは、新たな望みが生まれるたびに
 カヌーに乗ってリラックスし、生命の川の流れを楽しみながら
 下流へと下っていくと、そこでは望みの実現が待っている”
 (その反対に、流れに逆らい頑張って漕いで上流へ行くと…
 すごく大変で疲れてきたり、望みが中々実現しなかったり、
 自分自身の成長が感じられなかったりする…)


川下りとはいたってシンプルなことなのですが、
これが中々、実人生で実感が足りない部分では
分かりにくいこともあるように思います。


その他、エイブラハムのメッセージの中には
「あなたがたは、何にでもなれるし、何でも持てるし、
何でもできる」ということが頻繁に出てきます。

この「何にでもなれる、もてる、できる」途上には
「なりゆく」という流れに乗ったプロセスがあるのですが
このプロセスは、非常に重要なところであると思います。

私もこれまでの人生で実感し、実験し、体験したことの
テーマと範囲の中では、とても理解できるものがありました。

私のこれまでのテーマを大まかに言うと
「なりたい自分になる」こと、そして、
「身近な人間関係が心から望む関係になる」ことだったのですが、
これらのことについては、望みの実現もさることながら
この「なりゆくプロセス」自体が
言葉に尽くせないほど貴重でかけがえなく素晴らしく
(この人生を何百万回繰り返してもいいと思えるほど)
人生の喜びと幸福そのものであることを、身を持って実感しました。


そして、私も人生の次の段階に入って
新たに拡大したテーマに取り組むことになってからは
私的にはより物質的な世界に突入してきたように感じているのですが
(私のような人にとっては、物質的なテーマになればなるほど、
自分の精神的なスピリチュアルな拡大が伴うように感じるのです)
ここでも又、日々新たな気づきを沢山頂いています。

今、新事務所の物件探しをしている最中ですが
望む事務所のイメージが、何となくまだ自分の中で、
今まで取り組んできた「なりたい自分」や「望む人間関係」ほどに
明確ではないことを密かに心中感じていました。

しかしながら、一歩一歩進んでいくごとに
様々な出来事やコントラスト(対照)があるお蔭で、
自分の心が次第にハッキリしてきて
日一日と望みが明確になってくるのを感じています。

先日も、「新しい事務所は、もうちゃんと待っていますよ」
というメッセージを2人の方から頂いたことがコントラストになって
突然ハッとして、自分の本当の望みが分かったように思いました。

ここでの私の本当の望みは、
『目的地に着くことだけでなく
新たな川下りを、もっと思う存分に楽しみたい!』
ということでした。

「新しい事務所を発見するまでのかけがえのないプロセス、
私自身の心の奥底の癒し、あらゆる抵抗と恐れを手放すこと、
これまでの枠を超え、喜びと共に新たな人生へと歩んでいけること、
ワクワクする面白い新たな川下り、新しい拡大した望みが
育まれながら、次第に現実へとなりゆくことを、
もっともっと思う存分、楽しみたい!!」
ということだったのです。

このことに気づいて、又一歩、
自分らしい道のりを肯定できるようになりました。
(同様に、他の方々の人生の道のりも、本当にかけがえなく
貴重なものであるということを、あらためて感じました。)

では、また書きたいと思います(^^)/~~~

flower1.jpg
小雨の日の優しいグリーンとお花
posted by narumi at 22:58| Comment(0) | Spiritual | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月06日

物質世界の意味

いつもブログでは、なんとなくホッとするような
テーマで書いてしまうことが多いのですが
コンサルティングの場などでは
私はかなりハッキリ物を言う人だと思います。


今の世界的な金融危機やら、
私達のナチュラルな業界のビジネスの状況についても
もちろん仕事先ではいろんなお話が出るのですが
お付き合いさせて頂いている経営者の方には
かねてよりずっと、宇宙的な大きな変容のことや
スピリチュアルな意識についても
少しずつお話させて頂いていたので
最近になってようやく臨場感というか
変容が現実のものとなりつつあることを実感しています。


昔、まだ社会に対して無力感を感じていた頃から、
「長い間生きて働いても、あまり自分に還ってきていない
(内面が変わっていない)ように見えるのは、
ホントはすごい人生の損(悲しいこと)じゃないのかなぁ」と
ずっと思っていました。

このことが私にとっては、ものすごく重要な大事なことに思えて
多くの人々が、人生で多大な損(何のためにこの物質世界に
生きているのかが分からないこと)をしているんじゃないか・・と
内心感じていました。
そして、それではあまりにも残念で無念で、
もっともっとみんな本当に心から幸せに生きてほしい・・・と
ずっと願っていました。

*私にとって、内面が変わる、成長するということは、
本当の自分と繋がることで自己肯定感が高まっていくことから
始まって(そうすると、自分に与えた愛の分だけ、そのまま全く
自然に、他人にも愛を与えることが出来るようになるので)
いつかやがて、この宇宙を生み出した大いなる存在そのものの
ように自由に、皆がこの世界をみる(ある)ことやつくることが
できるようになることではないかと思っています。


こうしたことが原動力で私もここまで生きてきたのですが、
今年ずっと楽しく愛読している「引き寄せの法則」シリーズの
3冊目で、“高次元の存在”エイブラハムが、
この物質世界についてとてもうまく言い表していて、
心から共感したので、ここでご紹介したいと思います。



【あなたがたの世界の物質のすべては、たった1つの
目的のためにのみ存在しているからだ。
あなたがたの「存在状態」を高めるという目的である。】


(『引き寄せの法則の本質
 自由と幸福を求めるエイブラハムの源流』
 エスターヒックス+ジェリー・ヒックス著
 SoftBankCreative より抜粋)



このエイブラハムの言葉を読んで、
「やはり、わたしたちがこうして3次元の物質世界に
暮らしているのは、大いなる存在の分身であるわたしたちの愛が
生み出したものを、心から喜び、楽しみ、幸せを分かち合うために
ここにいるのだ。精神と物質は、やがて分離されることなく
大いなる愛のもとに統合される。
そして日々循環し交流し、どこまでも高め合うことが出来る。
精神の息吹が形になり物質化し、その物からもまた精神へと
幸せが還っていく。。。」というようなことを想いました。


そして、あらためて“「存在状態」を高める”という観点で、
今の物質世界を見てみると、日々の暮らしの衣食住にある
ひとつひとつの物、そしてビジネスも、お金も、お店や会社も、
今ある3次元のいろいろな物や事が、本当の意味で、
わたしたちの存在状態を高めるためにあるか、ということを
考えさせられます。


今、起こっている沢山の問題も、核心の部分では、
これまではそれで問題なく良いとされ続けていたことが、
本当は、皆にとって、皆の存在状態を高めていたのかどうか、
じつは本当のところは誰も、そのような物質世界では
幸せになっていなかったのじゃないか・・・ということが、
出てきていると思います。


この3次元の物質世界の変容は、
わたしたちの本質を問う試金石である反面、
最も奥深いところで
大いなる自由と希望と幸福へと向かわせてくれる
素晴らしいチャンスなのだと思います。


今日はちょっと突飛な感じでしたが、
またいろいろ書きたいと思います(*^_^*)

posted by narumi at 18:09| Comment(0) | Spiritual | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月17日

親愛なるおじさんに心より愛と感謝をこめて

わたしのHP(Narumi Fantasia)のBBSを通して
米国在住の「おじさん」(ハンドルネーム)という
日本男性の方と、魂の交流を感じさせて頂くような
とっても不思議な温かいご縁を頂いています。

元々は、私の主人が、ある音楽の趣味のHPで
ご縁を頂いたのが始まりで、その後、
私のHPにもご来訪してくださって
かれこれ4〜5年、BBSやお電話で
(主人に国際電話をかけて下さるのです♪)
素敵なお付き合いさせていただいています。


親愛なるおじさんは
アセンションに向けてのスピリチュアルなご活動はもとより
様々な支援、ボランティア活動を精力的に行なっておられて
世界の様々な慈善団体へのご寄付も続けておられます。

そして、私が数年前にプロジェクトインフィニティを
立ち上げた時から、何と!!!!!!
私たちの活動(現在は株式会社ユニティとして
インフィニティの夢とヴィジョンも継続しています)
にも、年に何度もご支援金を寄付して下さっています。


この信じられない温かいご支援を頂き始めた最初の頃、
(それも本当に不思議なことに、何かで悩んでいる時とか
次のステップに行こうとして少し躊躇している時とかにかぎって
主人が「朝、おじさんから国際電話を頂いたよ〜!
なるみさんにヨロシクっ!っておっしゃって下さってたよ〜」
と報告してくれるのです。(天の配剤にただただ驚嘆です)

いつも、おじさんが独特の素敵な表現でカキコミして下さる
メッセージから、心にじーんとしみわたる温かいお気持ちと博愛、
そして、広い世界観と深い人間愛がひしひしと伝わってきます。

おじさんが
「皆さんが集まられる時にでも使ってくださいよ〜」
「時には疲れることもあるだろうから、癒しに使ってね!」との
お言葉と共にご寄付をしてくださる時、
「心も言葉も、お金も物質も、み〜んな愛のエネルギーとして
流していくことができるんだよ」って言って下さってる気がして
それを自ら実践しながら教えて下さっている気がします。

私自身も、ユニティとしても、
このようなおじさんの愛の実践から学ばせて頂いていて
ナチュラルファンタジーの売上の一部を国際慈善団体
(ユニセフ)に寄付をさせて頂いています。

世界の人々はみんな魂の兄弟というような博愛のハートを
お持ちのおじさんから、何か(言葉で言い表しにくいですが)
とっても素敵な“繋がってる感覚”が伝わってきます。


このブログで勝手に書いちゃいましたが(ごめんなさいね〜)
あらためて、心からの愛と感謝のお礼を言わせてくださいね。

『親愛なるおじさん、いつもありがとうございます!!!』


私自身も最近よく考えることなんですが
わたしたち一人一人が、じつはこの3次元世界を
幸せに豊かにすることができる創造者であり
そして、それぞれに天から与えられた稀有の素敵さや
素晴らしさを思う存分楽しみ合ったり、喜び合ったり
することが本当はできるんだなぁ〜〜〜〜〜って思います。

2008年の新しい春を迎え
地球のいろんな場所で、魂の仲間達が出逢い
愛と創造の輪がますます広がっていきますように☆☆

posted by narumi at 23:01| Comment(0) | Spiritual | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月21日

船井幸雄さんのHPより

師走の過密スケジュールを
なんとか元気に突っ走って(?)いたのですが
先日、主人がセキがでて風邪っぽくなっていたら
昨夜から私まで風邪モードになってしまいました(;_;)
(主人はもう治ってきました〜)

今日はとりあえず養生しながら
休み休みお仕事をしています。。。
(クリスマスまでには元気になるでしょう〜♪)


それで今回は、
↓の情報をお知らせしたかったので
ブログを更新しました!

船井幸雄さんのHPでご紹介されていたことで、
明日の午後2時22分の祈りのことと、
ホ・オポノポノのことです。


12月22日の午後2時22分
http://www.funaiyukio.com/funa_ima/index.asp?dno=200712005
ホ・オポノポノ
http://www.funaiyukio.com/funa_ima/index.asp?dno=200712006


ホ・オポノポノは以前から少し存じていたのですが、
こちらでリンクされているHPでは
とても詳しいお話が掲載されているので
非常に参考になりました。


明日(冬至)の午後2時22分、私も
愛と光と感謝と喜びに満ち溢れた地上の天国を
イメージしながら、その実現を確信し、
心から祈りたいと思いますーーーーーーーーー\(^o^)/


posted by narumi at 16:35| Comment(0) | Spiritual | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月09日

わたしたちは【ギフト】であること

昨日まで、顧問先のお店の2Fにて
「オーガニック&ナチュラルファブリックフェア」
の催しがあり、ナチュラルファンタジー製品を中心に
オーガニックコットン&リネンの雑貨や衣服や
天然の抗菌作用のある竹布製品、和紡布のストールなど
を取り揃え、いらして下さったお客様との心の交流を
楽しませて頂きました(*^_^*)
(また後日、写真アップします!)


そして今日、ルカさんから≪Fire the Grid≫という
スピリチュアルイベントについて教えて頂いたのですが
下記の2つのHPを少し拝見させていただいて
私も非常に共感するところがあり
ぜひこのブログでもご紹介させて頂きたいと思いました。

************************
Fire the Grid HP
http://www.firethegrid.com/jap/home-fr-jap.htm
Fire the Grid 通信
http://firethegrid.seesaa.net/
************************
T.jpg

この≪Fire the Grid≫の物語は
ある外国の女性が、子どもと一緒に自動車事故で沼の底に沈み、
その臨死体験の間に、光の存在からのメッセージを受けて
自らも生き返り、そして脳死状態と言われた子どもが
沢山の愛あふれる人々からのGIFT(愛と豊かさのエネルギー)
を受けて、奇跡の生還を遂げたことから始まります。
その後、光の存在は、この女性に地球を癒すひとつの方法を
伝えました・・・


Fire the GridのHPと通信を拝見させて頂いて
特にものすごく心に響いて共感したことが2つありました。

☆1つめは、「わたしたちはギフトである」こと。
☆2つめは、「わたしたちが何を望むか」ということ。



”ギフト=才能”を与えなさい。
もし歌が得意なら歌を、話し上手なら話をするように。
ポジティブなエネルギー、愛、そしてあなたがたの才能を
吹き込むように。それが彼を復活させるだろうと。
(Fire the GridHPより)

大切なのは「あなたが世界に、地球に何を望んでいるのか、
何を欲しているのか、どうなってほしいのか、
自分たちの子供たちにどんな世界で生きてほしいと願うのか」
ということです。(Fire the Grid通信より)



これらのメッセージを拝見した時に、
私もこれまで地球で体験させて頂いた
いろんなことが思い出されたり
様々なイメージが浮かんできました。


中学生の頃に、文化祭の準備の垂れ幕を
家に持ち帰って書こうとしていた時
どこからか「君は何を望むか」という声が聞こえてきて
当時はその言葉の意味もよく分からないままに
このメッセージを大きな幕に書いたこと。


数秘術という深遠なツールと初めて出逢ったとき
わたしたちは1人残らず、誰もが素晴らしい才能と資質と
エネルギーを持って生まれてきたことを知ったこと。
そして、その才能と資質とエネルギーを最大限に生かし
自ら選んできた使命を生きるために地球に存在していること。


幸塾(大阪・京都・東京)で催して頂いた講演会
「人生とライフワークを開花させる8つの贈りもの」で
お話させて頂いた際に、わたしたちの存在そのものがギフト
であることをワークショップでも分かち合えたこと。


プロジェクトインフィニティのクリスマスイベントで
「あなたが心から願う地上の天国は、どんなイメージでしょうか」
と問いかけた時、その言葉に自分自身がハッとして
初めて、その言葉の本当の意味に気づいたこと。
(わたしたちの心と意志とヴィジョンが
本当に未来の世界を創っていくのだと)


その他、上記のHPで「奇跡」・「旅」・「彼方」・
「女性性と男性性」といった言葉を目にしたのですが
これらのメッセージが、現在私も今年のテーマとして
取り組んでいる小冊子の内容にもリンクしていて
また沢山のシンクロニシティの恵みと励ましを頂きました。


今、わたしたちは
自らの存在の真の意味に目覚めつつある段階に
きているのではないかと思います。

そしてこれから、心からの望みと祈りと喜びを持って
光と愛に溢れた新しい時代を創っていくのだと思います。


7/17のFire the Gridのスピリチュアルイベント
わたしも仲間たちと一緒にぜひ参加したいと思います!
(ルカさん、いつもありがとう!!)

Fire the Gridが、新しい時代に向けての祝福と恩寵の
セレモニーになることを祈って☆☆

posted by narumi at 19:22| Comment(0) | TrackBack(0) | Spiritual | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月08日

7つの願い☆追記

先ほどアップさせていただいた
神の目と7つの願いのメール文ですが
このような携帯メールの送信には
いろんなご意見があることを聞きますが
ブログでは、気になられた方が
ご覧下さったらいいかなと思いました(*^_^*)


私の場合、このメールを頂いた日に
丁度スタッフと7と27という数字のお話をしていたので
この「7つの願い」という言葉にふれて
あらためて【7】のスピリチュアルな
エネルギーとパワーについて想いを馳せました。

≪人体の7つのチャクラに繋がる7つの願い≫

最初、そんなイメージが浮かんできたのですが
神の目と呼ばれる写真をじっと見ていると
ふと「神様は、お幸せかしら」と思いました。

それで、7つの願いのうちの
最後の願いは、宇宙と神様のことを願いました。

(でも、神の小さな分身であるわたしたちが
すこやかで幸せであるとき
神様もとってもお幸せであるような気がします♪)


ではでは、Good Night(^^♪

posted by narumi at 02:29| Comment(0) | TrackBack(0) | Spiritual | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月07日

七夕に7つの願いを☆

只今、顧問先のイベントでバタバタしていて
中々アップできなかったのですが、
友人が携帯に送ってくれた
「神の目」と「7つの願い」のお話
をご紹介したいと思います。

インターネットではすでに
いろんな方々がアップされていらっしゃるようで
かなり遅い・・・(・.・;)のですが。。。

下記のお話の細部の真偽はどうあれ
このメールを拝見できて
わたしたちが心の底から願う
「7つの願い」って何だろう・・・と
考えることができて、とても良かったです。


********************

お友達より愉しそうなメールが来たので、
転送します。試してみてくださいね。('-^*)/

from NASA Hubbell Telescope. Make 7 wishes.

ナサのハブル望遠鏡撮影。
「7つの願いをこめて」
kaminome.jpg
「この写真はナサの天体望遠鏡で撮影されたもので、
3000年に一度と言われている大変珍しい現象です。
これは「神の目」と呼ばれています。
この目を見つめる者には多くの奇跡が訪れるといわれており、
見るものがこれを信じる信じないは関係なく、
7つの願いが聞き届けられると言われています。
とにかく試してみて、どのような変化があるか、
見てみてください。」

この知らせを、「そのかたの願いが叶いますように」
と思いを込めて、たくさんの方にシェアして下さい☆
自分だけで独り占めはしないこと。
今日から七日までが最も強いパワーだそうです。

********************


七夕の今宵、
みんなの心と魂の願いが
叶いますように☆☆☆☆☆☆☆


posted by narumi at 22:18| Comment(0) | TrackBack(0) | Spiritual | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする